ハワイ島 緑に包まれたアロハな日々

キラキラと降り注ぐ光、海からの風、茂る緑に、歌う鳥たち。楽園ハワイ島で田舎暮らしをしながら、体験したこと、思ったこと、考えたこと・・・・ みなさんとシェアできれば幸せです☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Aloha!  

初めての試みです。
5月にハワイのクム(先生)を日本にお招きしてのワークショップを
開催します。オアフ島ワイマナロのロミロミのクム、クムアルバ

Alva_teaching1.jpg
<ワークショップで教えるクムアルバ>

ルア(ハワイの伝統的格闘技)をバックグラウンドに持つクムは、
とてもがっちりしてたくましい男性。とても柔らかな物腰で、
優しい声で話すハワイアン。ハグされると、クマのぬいぐるみとか、
トトロにハグされたみたいで、とてもハッピーな気分になります。

クムにとって、初めての日本。
「日本に呼ばれている。来年の初旬に日本に行かなくては。。。」と
クムから聞いたのが、去年の9月。

どうしようか?と悩みつつも、聞いたとたんに、私の「役目」のような
気もしつつ、誰かもっと適任が現れるかもしれないと、待ちつつ、数ヶ月。
何度確認しても、他の誰もアンクルの旅のアレンジをする気配もなく、
年末にハワイ島にワークショップで来島したアンクルと会い、心を決めました。

alvaSaekeiko.jpg
<今回日本側窓口を引き受けてくれた友人のサエ、アンクル、私♩>

どんどんクプナ(年配者、年長者)たちが、この世界から次の世界に
旅立って行くのを、この島に来てから体験してきました。


アンクルアルバと出会ったヒロでのワークショップで講師として集まった
たくさんのクムやクプナたちの多くが、この4年ほどの間に、旅立ちました。

私と夫との出会いのキューピットでもあったパパK
どんな病気も吹っ飛ばしてしまうパパは、何度も余命を宣告されつつも
笑って生き延びていました。「いつでも会いに行ける」と思っていたパパは、
ある時、すっとすりぬけるように、次の世界に移ってしまいました。

大きなクマのようだったクムフラ、ジョンカイミカウア
モロカイ島で、夜中にまっくらな草原の中でフラの生誕を祝う儀式に
参列する幸運を得て、その数ヶ月後にワークショップで再会。
フラへの真摯な思いがあふれ、彼の存在が「フラ」なんだなぁと感じました。
また、モロカイで!と、熱い気持ちをクムに伝えましたが、クムとモロカイで
再会する機会はもうなくなりました。

その後も、このワークショップで出会ったクプナたち次々と、先に進んでしまい、
彼らから「学ぶ」機会が、時間が、ないまま取り残された気持ちが募っていました。

「いつか」ではなく、「今」学ばないと、「次」はないのだなぁと
感じています。山ほどある学びたいこと、一緒に過ごしたいクプナたち。


自分が呼ばれたと感じた人、物事に、その時、その時に全力であたるしか
ないのだろうなぁ。すでにさまざまなモノゴトは決められていて、
自分の前に流れてくるモノが、自分にとって大切で必要なものなのだろうなぁと、
感じます。

アンクル、アンクルと、呼ばれているクムアルバは、多くのハワイのクムや
クプナたちと同じく、人生で生死に関わるさまざまな体験をし、自分の「天職」
であるヒーリングに人生を捧げている人です。

clinic w_moutain
<ワイマナロのクリニックは素晴らしい山をバッグにした場所にあります>

ワイマナロのクリニックは、1年中365日、クリスマスも週末も関係なく、
開かれていて、人々が毎日、彼の手を頼って集まります。
朝から晩まで、クリニックで過ごすアンクル。

さまざまな問題を起こして服役中のハワイアンの若者たちへのカウンセリングも
行っているクムは、人は、肉体、感情や心、そして精神/霊のLokahi
(調和/統合)なしには、癒されないという信念があり、それがロミロミに
反映されています。


waimanalo_beach4.jpg
<ワイマナロビーチ。体から不要なモノがすべて抜けそうなブルー>

オアフ島で参加した3日間のワークショップでは、ワークショップの始めに、
アンクルは、「女性であることは素晴らしいこと。ロミロミを学ぶだけでなく、
女性の素晴らしさを深く実感して帰ることになるよ」と宣言。

5人の女性が参加していましたが、ちょうど、女性であることを最大限に生かすとは?
というとても大きな質問を抱えていた私は、涙があふれる瞬間がたくさんありました。
女性がもつ、たくさんの素晴らしいもの。それを、自分自身のために、家族のために、
社会のために、どう活用していけるか。温かい家庭を築くためには、男性と女性が
どう力を合わせていけるのか。。。

柔らかい声で、でも、たくさんの情熱をこめて、女性の素晴らしさを語るアンクルに
女性性と男性性のバランスが取れた男性のクムと出会った
深い喜びを感じました。


私はアンクルのロミロミを受けて、ずれていたさまざまな私の「部分」が
戻るべきところに、戻って行って、体のバランスが取れて、そして心に穏やかな喜びと
感謝で満たされました。

AlvaOlu.jpg
<アンクルアルバとオル>

アンクルと一緒に来日するアシスタントのオルは、テキパキして頼れる女性。
同時に、オルという名前が示すように、とても優しいハートを持っています。
なんとも素晴らしいバランス!

日本で、アンクルのロミロミを見て、ワークショップを受ける機会はとても貴重な
ものです。骨のバランスを治し、筋肉を整え、エネルギーなどを整える、とても力強い
ロミロミです。

ぴーん!と来た方は、ぜひぜひ、迷わずに、この瞬間に、ご予約くださいね。
Logo1.jpg
<アンクルのロゴ>

<ワークショップ詳細>
関西:5月12日、13日、14日(3日通しの通い)
   大阪市内ヒーリングアートスタジオKARA
   68000円
   ↑ 大阪はキャンセル待ちです。伊東へどうぞお越しくださいね
関東:5月19日、20日、21日(2泊3日の合宿)
伊東 ホテルサザンクロスリゾート&スパ
   88000円(ツイン2泊、7食含む)

<プライベートセッションの詳細>
関西:5月15日、16日 それぞれ8名
   大阪市内北区 プライベートサロン
   ↑残り4名様ほどとなっています。
関東:5月22日、23日 それぞれ8名
   伊東 ホテルサザンクロスリゾート&スパ
   6000円以上の寄付制
   ↑22日だけでは足りなくなりそうなので、23日を追加しました

もっと、アンクルのことを知りたい!方は、私のもう一つのブログ、
ハワイ島でヒーリング!」http://ameblo.jp/hawaiihealing
ご訪問くださいね!

空き状況などの詳細は、日本側の窓口、Ke Anuenue
http://keanuenue.jimdo.com/ワークショップ/
を、ご訪問ください。お問い合わせ、お申し込みも、同じく
Ke Anuenue の大知サエさん→ keanuenue@live.jpまでお願いします。

一人でも多くの方がアンクルとこの機会に出会えたら
いいなぁと願っています


アロハをたくさんたくさん込めて
恵子

しばらく前から、定期的に浮上してくる思いがありました。

「私は、本当の声で話しているのだろうか?」という思い。

これは、肉体的な意味での声と、精神的・霊的な意味での声と、
二つともをカバーする疑問なのですが、肉体的なほうの声は、
振り返ると、高校生のころに何度も疑問に思ったことでした。

そして、人生の転機にあった、5-6年前に、何度か
「のどのチャクラが弱くなっている」と指摘され、自分が
しっかりと自分の真実を語れていないこと、声がちゃんと
出ていないのだ、と感じたのでした。

そのことは、ずっと心に残り、自分の「本当の声」を見つけたいという
思いに繋がっていったのでした。

sky2.jpg

そして、出会ったのが、渡邊満喜子さん。

「聖なる癒しの歌」
(同じ内容の本が、下記として新たに出ています)
41XJAT7FXCL.jpg


不思議な人生を生きられた方で、あるとき、メキシコで、「声」が彼女に
降りてきて、その「声」「歌霊」あるいはスピリットと共に、帰国。
その声が歌う歌に自分がまず癒され、その後、周りの人々の歌を歌い人々を
癒し、人々が自分の声を見つける手伝いをし、と、「声」と人生が、なんとも、
美しく織りあわされたような存在でした。

もちろん、こんな不思議な体験をするのだから、満喜子さんはとまどい、
さまざまな葛藤にとらわれますが、ヒーリングに関わる人間が自らの使命を
受け入れ、生きていくという、一人の女性のストーリーとしても、感動の本です。

彼女は、自分が輪の中心で発声することで、自らの声のバイブレーションで、
参加者の声が出やすくなる場を作り、人々が自らの声を「体験」「発見」する
ことを、手伝っていました。

届いた古本のカバーを開けたら、彼女からのメッセージがありました。
「お会いできた喜びをこめて・・・」

もちろん、元の持ち主さんへのメッセージですが、私へのメッセージだ!とも
感じ喜びが溢れました。彼女の声が聞こえた気がしました。

帰国したら、彼女のワークショップに出たい!と楽しみにしていたのですが、
その本を私が開いた前の月に、彼女は突然、他界されていました。

「彼女の声に合わせて、声を出してみたい。」

ワークショップを録音したCDがセットとなった
「声をめぐる冒険」という本がありました。
41Ok48w9F4L.jpg

とても、不思議なCDでした。
穏やかな満喜子さんの声が、解説をし、宇宙のバイブレーションや、大地の
バイブレーションを、彼女の声で、現します。

何かが自分の中で、動くのです。
そして、何度も、何度も、聞いてしまうのです。
彼女の声は、驚くほどの高いソプラノあり、地面が揺れそうな低音ありと、
普通なら、耳障りになりえるほどの、強さなのですが、これが、不思議と、
心地よいのです。

私は、どきどきとしながら、声を出してみました。

声が震えています。

自分の声を聞くのを、一番恐れていたのは、自分自身なのかもしれない・・・・
自分が、何を言い出すのか、心配して、口を押さえて、喉を絞っているのは、
自分自身の不安や恐怖なのかもしれない・・・・・

まだまだ私の声は、そろそろと、様子を見ながら、出て来ているようです。
朝のチャンティングの時の声が、少しずつ、周りと共鳴しているように
感じるようになりました。

そして、自分の体にも、自分の声の響きが、少しずつ気持ちよくなってきました。
sky1.jpg

音は、振動、バイブレーションです。
よい音を聞くと、心地よくなるし、体も揺さぶられて、落ち着くものが
落ち着くべきところに落ち着きます。

自分自身の体が、楽器なのだとしたら、いい音を響かせたいし、
自分の声が、自分の体や心を癒すバイブレーションで響けは、
話すこと、語ること、歌うこと、が、自分の癒しにも繋がる・・・・

満喜子さんは、言います。
「人は誰でも、世界でたったひとつの、自分だけの美しい声をもっている」

「それはそれぞれの魂の波動が外部に音声として表出したもので、内なる音楽の
調和と共に存在して、その人だけの歌をうたうことができる」

「この声を魂の乗り物として、発声のレッスンを重ねていくと、より精妙な波動を
音声化することにより、より深い自分と共鳴する感覚を取り戻す」

ここ数日で、いままで見えなかった、あるいは見ることを拒んでいた
自分のさまざまな面が、するすると目の前に現れてきました。
不思議な体験も続いています。

これは、また今度シェアしますね。

私も満喜子さんの声が聞きたい!と思われた方は、CDをお試しくださいね。
本も、強い思いと静かな観察が、とても的確な文章で表されている素晴らしい
本です。おすすめです!

楽しい時間を一緒にハワイ島で過ごしませんかと、
私の思いをたくさん込めたリトリートのご案内です

house1.jpg

前号に載せた写真のホヌ(グリーンシータートルが住む
天然温水ポンドのある別荘に滞在して、のーんびり過ごし、
島のあちこちをふわふわと飛び回り、昔から伝わってきた
ハワイ文化を体験し、この島にあふれるエネルギーに
満たされる企画です。

秋の連休にあわせて、ヒロ空港に9月17日集合、23日解散

この島の持つエレメント(要素)を体験する旅、でもあります。

honuswimming1.jpg

別荘の天然温水ポンドは波もなく、ぽーっと浮かぶのには最高

champagnepond1.jpg

庭を抜けて、溶岩ビーチを歩いて50歩の「シャンパン・ポンド」。
こちらは、野生の海がめが集まるポイントとして有名です。

火山活動で暖められた暖かな海に、体をゆだねてのんびり。
たっぷりとの恵みを受けます。

halemaumau-lehua3.jpg

キラウエア火山や、カラパナの溶岩が海に流れ込むスポットなど、
を訪れて、ハワイ島の大地のエレメントを体験。

20080619lava2.jpg

そして、「のエレメントを、緑滴る美しいアカカの滝や、
風に乗ったら渓谷の上を飛べそうな、ワイピオ渓谷で感じます。

20090405akaka2.jpg 20090405waipio.jpg
<美しいアカカの滝>    <神秘的に輝くワイピオ渓谷を展望台から望む>


ハワイアンたちが、人間の兄弟(お兄さんです)と大切にする
タロの畑を訪れて、タロ芋のことを学び、タロの葉を使った料理を体験。
taro1.jpg

何回頂いても、そして何度、贈っても、そのたびに、
その美しさや、香り、そしてみずみずしさに、笑顔があふれてしまうレイ
lei.jpg

いつか自分で素材を集めて、レイを編みたい!と願っていた私。
編んでみると、とてもシンプル、そして、やっぱりとっても幸せ

素材を集める際に、ささげる祈り、花が何を表しているか・・・・などなど、
レイに関して学びながら、のーんびりとレイも編みます

hala1.jpg

また、カポホにたくさん生えているこの木。
ハワイ語で「ハラ」と言います。英語でパンダナス。この葉は、
マットや箱、かばんや帽子などを作るのに使われてきた葉です。

この葉を使って、一番シンプルなクラフト、ブレスレットを作りましょう。

不器用なの・・・・と、つぶやいている方。
ぐふふ。じつは、私もとてもとても、不器用なのですよ!
(ははは。ニヤニヤしているフラシスター達の顔が浮かぶ 笑)
みんなでやる手作業はいつも一番時間がかかるし、それに、
なんだか、いまいち、形もうまくまとまらない私。
 
そんな、不器用な私が挑戦して、出来上がった時に、とってもとっても
幸せになるレイつくり
あれ?もうできちゃったよ?!なラウハラのブレスレットつくりです

おしゃべりをしながら、風を感じながら、手を動かしていると、
ふと気づくと、驚くほど素敵な作品ができあがってます!

skyocean1.jpg

空気が驚くほどフレッシュで、何もかもが輝いて見える美しいハワイ島
一緒に、あちこちへ蝶のように飛び回り、目に、魂に美しい景色を
眺め、そして、楽しい時間を過ごしませんか?

UndertheHala2.jpg
<別荘のお庭では、のんびりとおしゃべりをしたり、
芝生の上で、ゴロゴロとお昼寝をしたりも、楽しめます♪>

お一人のご参加でも、お友達とのご参加でも、
お母さんと娘さん、あるいは、お母様をお連れしてのご参加も可能です。

地元で取れたナチュラル、オーガニックな素材を使って美味しいお食事も
準備いたします


ご縁が生まれて、素晴らしい時間を、ご一緒するのを、楽しみにしています

連絡先は:lomigirlhawaii@yahoo.co.jp です!
ワクワクと、お待ちしております


ホオポノポノ・リトリートがもうじき始まる!というわくわく感
たっぷりな中で書いた前回の記事。

fullmoon1.jpg

満月を向かえ、リトリートが始まり、リトリートが終わり、
気づくともう明日は次の新月。

リトリートは、思い描いていた以上に広くて深くて、
たくさんの思いが沸いてきたり、離れていったり、
与えられたり、シェアしたり、胸に深く染み込んだり・・・・・

どこから、どうやって、書いたらいいのかを、なんとなく
模索しているうちに、ほぼ1週間が過ぎました。

新月が来る前に、書きたい!


でも、どこから書けるか、どう表現できるか・・・と、
書き始めてからも、何日も書いては書き直し・・・・

たどりついたのは、過去からはじめるのではなく、
いま、から書き始めること。

Gate1.jpg

今の私は、

とても満ち足りた思いでいっぱいです!

参加者やクム(先生)のたくさんの愛情を受けることによって、
もやもやと私の中を漂っていた、名前をつけがたい、「悲しみ」や
「怒り」のようなものが、どこかに飛んでいったこと。

「自分自身であることに、大きなYes! をもらった」こと。

クム(先生)を含めて、違う人生を生きてきて、性格も年齢もさまざまで、
生活している場もまったく違う、リトリートに参加したわたしたち。
そんな、ひとりひとりが、この場に、この機会に集まったこと。

お互いの声を聞き、悲しみや傷を含めて、自分自身の大切なものを
シェアしよう、と心を開いて、グループの一員として、そこに座ったこと。

答えを見つけたい! 知りたい! わかりたい!という
強い思いがそこにあったこと。

ひとりひとりが、ひとりとしてこの場に欠けてはならない存在なのだと
強く感じたこと。

一人で「がんばったり」、「練習したり」も、できるのだけれども、
同じ思いを抱いた仲間たちが集まることで、想像できる以上に、
ただその場にいるだけで、お互いを助け合うことができること。

そして、自分の思い描いた夢に向かって、一歩踏み出すことで、
夢に近づいただけではなくて、夢に向かって歩んでいけることの
ありがたさや、多くの人々や、ものたちの応援があって、今、私が
ここでこう生きていることを、胸の深いところで、強く感じたから・・・・

だと思います。 

honubrushing1.jpg

クム(先生)が、3日間泊り込みで、全身全霊をこめて、その場に
存在してくださった・・・・ということは、私にはとても大きな勇気に
なりました。

ホオポノポノというテーマはあったものの、そして、フラやチャントも
体験してほしい!という私の希望をお伝えしていたものの、
プログラムもスケジュールもなかったこのリトリート。

「その瞬間瞬間に、その場に現れたものに従いましょう」
というクムのスタイルで、進んだ3日間。

通訳をしながら、何度も、参加者の質問に、
「これは私が聞きたかったことだ・・・・」と感じました。

何度も、意外な展開が、感動の物語に結びつき、
そして、「あーこれを聞きたかったんだなぁー」という望んでいたメッセージを
携えてやってきました。

flower1.jpg

「何も怖がることはない。心の声に従って歩んでいけば。」
リトリートの前は、「練習」のように取り組んで、生活してきたようです。
「試す」ことや、「練習」をする必要はなくて、ただ、そう生きて
いけばいいのだなぁ・・・・・と、ひたひたと思いました。

そうしたら、とーっても、楽で自由でのびのびとした気持ちに包まれ、
なんだか、気持ちのいい生きかただなぁ・・・・・と、不思議に、心と
体が、ふんわりと、軽くなったのでした。


このリトリートは、夫と二人で一緒に関わった初めてのリトリートでも
ありました。ふたりの性格やスタイルの違いに、どう転ぶだろう?!と
始まる前は、あまりイメージが見えていなかったのですが、
終わってみると、「やっぱり。そうだよね!」と、当たり前ですが、
夫と私を足したモノが出てきました 笑

lunch2.jpg
<夫が料理を担当!美味しいものがたくさん出てきました。
フレッシュバジルから作ったペストソースとシュリンプのピザ☆>

「いつか二人でヒーリングの仕事ができたらいいねぇ・・・」と、
出会った頃から、漠然と、何をするのかもわからないまま、
よく二人で語り合っていました。

「あぁ、こういうことだったんだ!」
と、目の前に起こっていることを、ながめて気づきました。

withKumu.jpg

何年も先の将来の夢、と思っていたことが、いつの間にか、
目の前で起こっていて、そして、それは、想像以上に、
ワクワク、キラキラと楽しくて、このリトリートで、私たちの
関係も、また深みの広がりを与えられたのでした。

ながーくなりましたが(笑)
読んでくださってありがとう!
すべてのつながりに、すべての恵みに、大きな感謝!

先日、急遽あと一人を募集していたロミロミ・ワークショップ。
結局、4人目の参加はなく、3人と私の4人で、ワークショップが
始まりました。


一人はエサレンマッサージのセラピスト、もう一人は、すでに
マッサージサロンをお持ちのロミロミ・セラピスト、もう一人は、
鍼灸の学校を卒業され、これからこの道を歩まれる方

マッサージの練習は、奇数だとうまくいきません。
やはり、私が4人目となり、マッサージテーブルに。
みなさんのロミロミを受け、そして、みなさんにも触れる機会が
たっぷりと与えられました。

ロクサーヌ先生のとろけるロミロミを受けながら、うつ伏せで
通訳をするのが一番の難関。つい、夢見心地になり、通訳ではなく
寝言になりそうな瞬間が何度もありました 笑

2週間寝食を共に過ごすので、みんなの心を感じる瞬間もたくさん
あります。同じような悩みがあったり、知らなかった自分の一面を
見たり、と、ロミロミだけでなく、毎回大きな学びの数々です

昨日は、厳しいクラスの日々を離れ、カラパナ近くの農園を
訪ね、自然の恵みを頂き、レイを作りました
leimaking2.jpg

不器用な私なのですが、何度か作ったことのあるスタイルのレイ。
「今回は、リコレフア(オヒアの木の美しい新芽)でパターンを
作ってみよう!」などと、欲を出したのが、いけなかった。

likolehua1.jpg
<緑から、紫、ピンクとさまざまなニュアンスの色がある美しい新芽>

気づくと、10センチ出来た辺りで、なぜか前に進めなくなり、
何度もほどいてはやり直し。パターンが出来る出来ないではなく、
何かが苦しくひっかかって、手がぜんぜんすすまない・・・

あがいている私の横で、初めてレイを作る生徒さんたちの
美しいレイが出来上がっていく。

leimaking4.jpg

ひとり遅れて焦る私。

「ええい!もうどうでもいいや!なんとか必要な長ささえあれば・・・」と
耐え切れずに、何もかもなげだすと、なぜか急に、手が進みだして、
さっきの引っかかりはなんだったんだろう?と思うくらいに、レイが
出来上がっていったのでした。

手を重くするくらいの執着心があったのだなぁと思うと、驚くと同時に、
結果にこだわらずに、楽しむことの、自由さ、楽しさを感じたのでした。

そして、出来上がったレイは、うすうす感じていたとおり、自分が張り切って
デザインしようとしていたレイよりも、もっと自然で美しかったのでした・・・
lei2.jpg

そんなワークショップもあと数日。
病気を持つ方への出張マッサージを体験したり、タロ畑でポイを作ったり、
と数日が過ぎたら、修了試験で、パイナ(パーティ)です。

volcano4.jpg

あと数日にまだまだ学びが詰まっているのだろうなぁ・・・
メンバーがさまざまなことを手放すのを感じながら、私は何をあと手放すのだろう
と、仲間達を見つめつつ、自分を見つめる日々。

メンバー達が、素晴らしい時間を過ごせますように。
そして、ハワイ島の多くの祝福をうけますように!




プロフィール

Keiko

Author:Keiko
ビッグアイランド~ハワイ島は、まだまだ大自然が残り、活発な火山活動が続く、エネルギッシュな島です。その中でも、溶岩が海に流れるカラパナがあり、天然の温水プールがあり、パパイヤ畑から、牧場からジャングルまで、さまざまな緑に溢れるプナというエリア。ハワイ島&ハワイ州の最東端であるクムカヒ岬の近く、カポホという土地の丘に住んでいます。子供の頃に、憧れていた自然の中でたくさん時間を過ごせる暮らしです。

日々の生活で感じたことや考えていること、ハワイ島のさまざまな自然、ハワイの人々の考え方や生き方、庭の果物達のことや、長年かけて作っている家のこと、行っているさまざまな活動のこと、などなどをシェアさせてくださいね。

マッサージができるセッションルームを、と作り始めた家が、どんどん成長を続け、ワークショップやリトリートが出来るスペースを含む家となりました。

庭で取れた果物など、地元のオーガニックの食べ物を食べながら、宿泊ができるスペース「Hale Lōkahi」も加わりました。「Hale Lōkahi」の詳細は、下記『ハワイ島でヒーリング!』ブログをご覧下さい。

将来は、庭仕事など大地に触れながら滞在できるファームステイもしたいなぁ、同じような思いを持つ人々が集まれる場となるといいなぁと、願っています。

”Hale Ho'oponopono Olakino” ウェブサイト、久々に更新しました (笑) 

良かったら、姉妹ブログも訪問くださいね!

ハワイ島でヒーリング!:
http://ameblo.jp/hawaiihealing (下のリンクコーナーからワンクリック!)

ハワイ島のキラキラを伝えたくて、サンキャッチャーやペンデュラムを作っています。ブログは更新がとても少ないですが 笑

ヒーリング・クリスタル 
 from 虹のハワイ島♪ 
http://ameblo.jp/rainbowcrystals (下のリンクコーナーからワンクリック!)

訪れてくださって、ありがとうございます。
人々がどんどんアロハの環でつながりますように!

アロハをたくさん込めて
keiko

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。