ハワイ島 緑に包まれたアロハな日々

キラキラと降り注ぐ光、海からの風、茂る緑に、歌う鳥たち。楽園ハワイ島で田舎暮らしをしながら、体験したこと、思ったこと、考えたこと・・・・ みなさんとシェアできれば幸せです☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メリーモナークはつづきます。
毎年水曜日の夜の恒例、フリーナイトのことを
書こうと思っている間に、ファーストナイトのミスアロハが
終わり、昨夜はカヒコのコンペティションでした。
20090417mm1.jpg
<テレビやインターネットでライブで中継されているのが
席からも見えて、なんだか不思議な感じ。笑>

メリーモナークのチケットは、毎年12月26日の消印で
翌年のチケットを郵送にて申し込む決まりなのですが、
今年のチケット、申し込んだのに、抽選にもれてしまい、
がっかりだったのです。

が、久しぶりに連絡をくれた友達が、私がレイを作るのが
好きなことを覚えていてくれて、オアフから友達のレイメーカーが
来るから一緒に来ない?と誘ってくれ、おまけに、チケットも
あまっているから、コンペも一緒に♪となったのです。

20090417harvest1.jpg

朝から、オヒアが生える空き地で一緒に花や葉を集め、
私はヘッドピースを3つ作りました。
20090417headpiece1.jpg

ひとりが作った帽子用のレイ。きれいでしょ?
20090417lei1.jpg


カヒコ・・・・男性の肉体美とその動きの力強さに大歓声があがり、
20090417kahiko5.jpg

女性ダンサーの優美さと、またその力強さにもため息が溢れたのでした。
20090417mm5.jpg

飛び去る毎日。
今日でメリーモナークは終わり、明日から少しずつまたヒロの
町も静かになっていくのでしょう。
20090417mm2.jpg

私もゆっくりとブログを書きますね!

今週はヒロが世界の・・・少なくてもフラの世界の中心となる
週です
。フラ・ダンサーなら一度は舞台を目の前で見たい!と
願うフラのコンペティションである、メリーモナークが今日から
3日間開催されます。

先週末ころから、ヒロにはどんどんフラダンサーや観光客が
集まり、普段はなんとも静かな街が、とってもにぎやかに、
華やかになります。

ヒロに観光客を、ヒロでハワイアンカルチャー、フラの祭典を!と、
アンクルのニックネームで親しまれているジョージ・ナオペ
フラの大会を始めて、今年は46回目

メリーモナークはフラだけではなく、ハワイ文化の祭典にも
なっています。フラのコンペ会場のまわりでは、たぶんハワイの中を
見渡してももっとも大きな規模だと誇れるクラフトフェアが開催されます。

20090415lei1.jpg
ティ=魔よけのために庭に植えたり、フラガールのスカートになったり、
ヒーリングに使われたりと、ハワイでは大切な植物です=を編みこんだレイ>

普段は見かけないような組み合わせや色とりどりの、フレッシュ・レイ
20090415lei2.jpg
ハワイ島の花であるオヒアレフアやその若芽を使ったレイたち>

気が遠くなるような手作業をかけたフェザーレイラウハラやココナッツの葉
編んでつくるさまざまな日用品や工芸品、フラで使われるイプやパフなどの
楽器たち、ルア(フラの兄弟分であるハワイの格闘技)で使われる道具たち、
と、まるで博物館

20090415lei3.jpg
<わかりました?あじさいのレイです!ボルケーノなど涼しいエリアでは満開です>

博物館とちがうのは、その工芸品を作っている人たちがブースにいて、
いろいろとお話を聞けること
レイなどは、ブースで作っているアンティたちも見かけます

ハワイ大学の天文館、イミロアでもメリーモナークの間は、さまざまな
パフォーマンスやレクチャーが開かれています。


昨日は朝一に、「フラの楽器とそれを作る植物達」と題したレクチャーがあり、
ロミロミ・ワークショップで、タロ畑にお邪魔して、ハワイのご馳走を一緒に作り、
彼の家と工房に溢れる彼が作る木や石の工芸品を披露してくださった
カナエが講師

これは行かなくっちゃ


普段は静かなイミロアが、溢れる人。
20090415imiloa2.jpg

会場は満席以上。
日本語の通訳もついているので、日本人の方々も見かけました
日ごろから、日本からの観光客のみなさんにもぜひ訪問して欲しい!
いろいろな工夫をこらしているイミロア。日本人の方々を見て嬉しくなりました!

さまざまなフラの道具・楽器の説明、使われる植物の説明の後、
20090415imiloa3.jpg

彼の姪っ子であり、去年のミス・アロハが、彼が仕上げたばかりのパフ(ドラム)に伴われ、
20090415imiloa6.jpg

フラ、「ポリアフ」(ポリアフはマウナケアに住む雪・氷の女神です)を披露。
20090415imiloa5.jpg

パフに命が燈ったような、厳粛な時間でした。

イミロアでのプログラムは、こちらを。
http://www.imiloahawaii.org/events.php


ホノルルに行ってきました。

改めて、ヒロ空港最高!大好き!と思ったのでした。
国際線が飛んできているのかは知らないのだけれども、
一応 Hilo International Airport。

Hiloからボルケーノやプナの方面に行くハイウェイのすぐ横。
ヒロのダウンタウンから5分もかからない素晴しいロケーション。
と、まるで観光局のビデオのようですが 笑

ローカル空港なのでいつもガラガラ。
だけど、駐停車のチェックは厳しいので、ピックアップやドロップオフで
混み合う車の列に悩まされることもなく、とてもスムーズ。

20081001hilo1.jpg

そして、こののーんびりとしたラウンジ。
ハワイアンが流れる中、ハワイ気分いっぱいのソファでのんびり。
Lyman Museumの展示コーナーなどもあり、ヒロ気分いっぱい。
20081001hilo2.jpg

そうやってラウンジをうろうろしていると、はじめて気づいたものが。

20081001hawaiian1.jpg

Hawaiian Airlineの75周年キルト!
2004年に作られたみたいだけど、歴史を振り返る写真が
プリントされていて、なんだかほのぼの。
マニアが好きそう(でも、ハワイアン航空のマニアなんているんだろうか 笑)

20081001hawaiian2.jpg

たしか、全米のある規模以上の空港を対象にした調査で、
フライトの到着から空港を出るまでのスムースさ、かかる時間で
全米トップ(だったと思う 笑)にも選ばれていたヒロ空港。

でも、1番大好きなのは、フレンドリーで温かい人たち。

今回は空港に行く前にHome Depotでコンクリート工事用の
スチールメッシュのロールをピックアップ。
直径50センチくらいで、私よりも長い金属の網のロール。
車の後部席を倒して、なんとか押し込んでもらう。
助手席と運転席の間に、ごごんと飛び出しているこのロール。

空港の駐車場の手前でふと気がついた。
こんなものを乗せていて、セキュリティーを問題なく通過できるだろうか?!

空港の駐車場の入り口では車内のセキュリティチェックがある。
なんで、こんなものを乗せて空港に来ているんだ?なんて、
言われないだろうか・・・

おじさんの係員が近づいてくる。
車をぐるりと回りながら中を覗き込む。

そして、運転席の横にやってきた!

「今日は工事にでも来たの?!」
そして、大きな笑顔。

ヒロだなぁとしみじみ。
チェックインの窓口は、「おじいちゃーん」と、駆け寄りたくなるような、
優しい顔をした日系のおじいちゃんだった。

ヒロ空港が最寄の空港で幸せだなぁ・・・

ヒロ空港の幸せのもう一つは、飛び立ってからの景色。
これは、次の日記に改めて




週末にヒロで沖縄の伝統カヌー、ハーリーの
レースがあった。Hui Okinawa という1946年に
設立された沖縄の文化を継承する団体の主催。
レースは、1990年が第一回目。

20080816Haari2.jpg

ハワイ郡の姉妹都市、名護からもチームが
はるばるやってくる本格的なレース。
と、言っても、ここはハワイ。
レースも初心者OK、楽しいのが一番!
と、ハワイスタイル。
20080816Haari5.jpg

去年、別のイベントで、堂々と並んでいたハーリーに
目を奪われた。沖縄の船?!
思わず吸い寄せられると、「来年レースがあるのよ」

沖縄に惚れてしまった我が妹は、今は宜野湾市民。
私がハワイ島に引っ越したタイミングで、母も
妹を追いかけて、宜野湾へ。沖縄好きの私も、
行政手続を家族に頼みやすいという点もあって、
移住の直前は宜野湾市民。日本の免許書も
実は住所は宜野湾になっている。

う~ん 何が出来るわからないけど、開催時には
出来る限りのお手伝いをしますと、約束をした私。

そして、数ヶ月前、友達が「レースに出ない?!」と。
なんという巡りあわせ。

いつかは一緒にアウトリガーカヌーを漕ごう!と、
語り合っている夫も誘って、チームに加えてもらった。

不思議なご縁でチームメートになったここハワイ島に住む
メンバー達。学生からすばるで働いている人まで幅広い。
前日の1時間だけの公式練習でどこまで勝ち進むのか?!

20080816Haari9.jpg

のんびりレースを想像していたけれども、レースはレース。
始まると、思わず気合が入ってしまう私達。
練習で同じタイミングで漕ぐのが難しかった私達は、
当日はリズムを取るメンバーを加え9名に。
船首で大きなドラでリズムを取ってもらう。

出だしからいい感じ。
折り返しの旗を回る頃には、3チームのうちの2番目。
先頭のカヌーと競り合いながらゴールに向かう。
「早く早く!!!」「GO!GO!」
がががが~~~っと、物凄い勢いが一番前で
漕ぐ私の背中に伝わってくる。

追い越した!!!
と、滑り込み追い越したと思ったゴールは、
なんと1秒差で負けていた。

ハーリーのレース。ちょうど選挙前ということも
あって、市長レースで戦いを繰り広げている
候補者たちのチームも。

20080816Haari4.jpg
このチームは、がっちりメンバーを選びすぎたのか、
重すぎて沈みそう・・・

あ、こっちは沈んだ・・・
20080816Haari3.jpg

カヌーレースで市長選を決めるのもいいかも。
メンバーが同じタイミングで漕ぐと、ぐいっと
船は進む。バラバラだと、グラグラするだけじゃなくて
妙に進まないカヌー。

レースの後のレセプション。
沖縄出身のハワイ在住のような人たちがたくさん
たくさんたくさんいる。沖縄からの参加者か、この
島からの参加者かわからない。ここハワイ島の
歴史とそして、今のハワイ島の沖縄を体験した
一日だった。不思議なご縁で一緒に漕いだ
みなさん、楽しい一日をありがとう!
20080816Haari6.jpg


語学研修をハワイ島で1週間!という
なんともうらやましい修学旅行で
やってきた私立男子中学の3年生たち。

不思議なご縁で、通訳として一緒に
時間を過ごした。

最近の日本の中学生の男の子。
どんな少年達なんだろう?
話をちゃんと聞いてくれるんだろうか??
という一抹の不安とともに、月曜の朝の
コナ空港で待つ私。

なんだか思ったよりも、素直そうで
とても子供らしい、少年達が出てくる。
フライトの疲れか、顔色が悪い。
ハワイの太陽がとてもまぶしそう。

5日間で、ESLクラスを受けつつ、ボルケーノを
訪問し、レイメイキングからフラ、ウクレレなどの
ハワイアンカルチャーのクラスも受け、海にも
出かけて、ナマコを触ったり、アウトリガーを
漕いだり。

忙しいといえば、とっても忙しい、盛りだくさんと
言えば、山盛り盛りだくさんのプログラム。

20080727canoe.jpg

無口で、表情にあまりなにも表れなかった少年達が
毎日少しずつ、騒がしくお喋りで、冷やかしあったり、
冗談を飛ばしたり、地元の可愛い女の子と写真を
写そうとしたり、と年頃の少年らしくなっていく。
日焼け止めをせっせと白い肌に塗るものの、
ほんのりと小麦色づいてくる顔や腕。

あっという間に、金曜の早朝。空港に到着したのと、
再び制服でスーツケースを持って集まる少年達。

早朝の雨があがり、雲が朝焼けに輝き、
空には大きな虹がかかる。

少し日焼けして、顔や体の力が抜けて、
なんだかどっしりした感じの少年達。

ハワイ島のエネルギー、海の上に浮かぶ気持ちよさ、
そして、バスのドライバーさんからスタッフみんなの
のんびりした笑顔。

日本の忙しい生活に戻り、夏休みの宿題をこなし、
高校へ、そして大学へと進学し・・・この5日間の
何がどれだけ彼らの心の中に残るんだろう。

太平洋の真ん中の島で、日に焼けてのんびりと
暮らしている人々がいることを、忘れないでいて欲しい。
いつか、また、彼女や家族を連れて、今度はほんとに
のんびりと、島を味わいに遊びに来て欲しい・・・
と、思いながら、コナに向かうバスにぶんぶんと手を振った。

ちょっと寂しい金曜の午後。
でも、少年達が飛び立った後、この島に残れる幸福も
感じた私。毎晩遅くて参加できなかった「熊の助」の夕方の
お散歩に久しぶりに参加して、森の空気を深呼吸しながら、
遠くに見える海を眺めながら、少年達との日々を、夫に
話す。お別れパーティで少年達の歌う日本の歌を聞いて、
不思議な郷愁が体を通り抜けた。でも、私は、いま、
ここにいる。そしてここにとってもいたい。
この強い想いはずっと変わらないんだろうな・・・と、感じた
夕暮れ時でもありました。


プロフィール

Keiko

Author:Keiko
ビッグアイランド~ハワイ島は、まだまだ大自然が残り、活発な火山活動が続く、エネルギッシュな島です。その中でも、溶岩が海に流れるカラパナがあり、天然の温水プールがあり、パパイヤ畑から、牧場からジャングルまで、さまざまな緑に溢れるプナというエリア。ハワイ島&ハワイ州の最東端であるクムカヒ岬の近く、カポホという土地の丘に住んでいます。子供の頃に、憧れていた自然の中でたくさん時間を過ごせる暮らしです。

日々の生活で感じたことや考えていること、ハワイ島のさまざまな自然、ハワイの人々の考え方や生き方、庭の果物達のことや、長年かけて作っている家のこと、行っているさまざまな活動のこと、などなどをシェアさせてくださいね。

マッサージができるセッションルームを、と作り始めた家が、どんどん成長を続け、ワークショップやリトリートが出来るスペースを含む家となりました。

庭で取れた果物など、地元のオーガニックの食べ物を食べながら、宿泊ができるスペース「Hale Lōkahi」も加わりました。「Hale Lōkahi」の詳細は、下記『ハワイ島でヒーリング!』ブログをご覧下さい。

将来は、庭仕事など大地に触れながら滞在できるファームステイもしたいなぁ、同じような思いを持つ人々が集まれる場となるといいなぁと、願っています。

”Hale Ho'oponopono Olakino” ウェブサイト、久々に更新しました (笑) 

良かったら、姉妹ブログも訪問くださいね!

ハワイ島でヒーリング!:
http://ameblo.jp/hawaiihealing (下のリンクコーナーからワンクリック!)

ハワイ島のキラキラを伝えたくて、サンキャッチャーやペンデュラムを作っています。ブログは更新がとても少ないですが 笑

ヒーリング・クリスタル 
 from 虹のハワイ島♪ 
http://ameblo.jp/rainbowcrystals (下のリンクコーナーからワンクリック!)

訪れてくださって、ありがとうございます。
人々がどんどんアロハの環でつながりますように!

アロハをたくさん込めて
keiko

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。