ハワイ島 緑に包まれたアロハな日々

キラキラと降り注ぐ光、海からの風、茂る緑に、歌う鳥たち。楽園ハワイ島で田舎暮らしをしながら、体験したこと、思ったこと、考えたこと・・・・ みなさんとシェアできれば幸せです☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハワイらしく(?)青空の下でのお皿洗いを、振り返れば
もう3年以上もしていたのでした・・・・
20090507gardensink2.jpg

キャビンの前のこのこんもりと茂るトロピカルなプラントたち。
その裏には・・・

野菜畑の端っこにキッチンの流しがあったのでした。
20090507gardensink.jpg
<なんだか、田舎のおばあちゃんの家とかにありそうな景色・・・>

「雨の時にはお皿を洗わなくていいからいいねぇ・・・」
友人達に言われることもありましたが、毎回、お皿たちを
運びだして、また運び込んで・・・と、お皿洗いにずいぶんと
時間をかけていた気がします
 笑

とうとう!
台所の流しに、水がつながりました

台所は、「」がつかさどる場所。
水がなかった分、ずいぶんと「」のパワーが強かったようです。
気づくと、ずいぶんとを中心とした色のキッチンになっていました。

が流れ込んだだけで、ずいぶんと、なぜか、空気が柔らかくなった
キッチン。

夫も嬉しそうに、お皿を洗って、カウンターを掃除して♪います。
水が、室内に流れる、ということの、パワーの大きさをあらためて
体感したのでした。


付きました!シリーズのようになっていますが 笑

昔から私が大好きだったもののひとつ。
コレです。
20090126skylight1.jpg

そう、天窓
英語ではSky Light 英語の響きもなんだかワクワクしませんか? 笑

ここは、家のすぐ横の建物のバスルーム。
マッサージなどのセッションルームとなる建物です。
こっちでは、このような母屋の側の別棟をOhana(家族)と呼びます。

天井が低いので、明るくてトロピカルで広々とした・・・という
希望のバスルームに近づけるために、何が出来るか?と、
夫と話していて、二人で、「天窓!」と同時に思いついたもの。
20090126skylight2.jpg

家本体のバスルームに提案したものの、雨がもれたときなどの
対応を考えて、見送った経緯があり、あきらめていた私は、
大喜び

お風呂につかって、ぼーっと青空を眺めるって、
理想のバスタイムだと思いませんか
20090126skylight3.jpg



付きました 笑

20090126kitchenwindows5.jpg

なんだか、こんな報告ばかりですねー
ドアがつきました!とか、家に外装材が付きました!とか 笑

窓が付いたのはキッチン
数ヶ月前に、もとのラナイ(ベランダ)にあったキャンプ・キッチン
から移動した新しいキッチン
20090126kitchenwindows1.jpg

ラナイのキッチンは、目の前に植物達が茂り、風を感じながらの
クッキング
でも、悪天候時には、風でキャンプストーブの火が、バタバタと
ゆれて、パスタをゆでるにも1時間もかかってしまうという状況でした。

新しいキッチンは壁がある。
風は吹かない。
と、思ったら、甘かった!

家自体がまだ隙間だらけなので、低気圧が近づいてくると、
大きく開いたままの窓のスペースから、びゅうびゅうと風が吹き込み、
私はまな板などを総動員して、ガスレンジの火を囲み、
二人でフリースの帽子子かぶり、「寒いよー」と、震えながら、
夕食を食べたりしていました。(爆

20090126kitchenwindows2.jpg
窓はもう何ヶ月も前に、電動ヤスリで表面をきれいに削り、
ニスを塗りなおした、古い木の枠組みの窓。
夫が、取り壊されることになった古い家から、はずしてきたモノ。
20090126kitchenwindows3.jpg

やーっと取り付けられるタイミングがめぐってきて、嬉しく収まった窓達。
20090126kitchenwindows4.jpg

「あーーー窓があると温かい・・・・」

まだまだ夜は寒いハワイ島です


ドアがついたということは、
今まではドアがなかったの?!
驚かれそうですが、そうなのです。

ここ数ヶ月、ドアなしの生活でした。

と言っても、ここはハワイ島の田舎。
誰も来ないし、何も盗まれません
(と、私は思って暮らしています 笑)
20090121door1.jpg

家の中に外装材が山積み。
そして、いろいろな木材やらモノやらが出入りするので、
ドアがないほうが便利だったのと、ドアをつけるのは、なかなか
テクニックが必要だからです!
(再び大工Gの登場です♪)

ドアを取り付ける作業が始まったところ。
手前のフレーム↓がわかります??
20090121door4.jpg

ここで、私は用があって外出。

夕方に帰宅すると、ドアがついてました
20090121door2.jpg

ドアがあると、なんだか、急に、ドアの中が、「家」という感じになります。
(今までは、作業場に住み込んでいる感じだったのです・・・・)

そして、「中」と、「外」の感覚。
急に、今までドアがなかったことが、物凄い事のような気がして、
人間の感覚の不思議さに、驚く私。急に、「ドアがないなんて、
なんて、剥き出しだったの?!」と、感覚がまったく変わっていたのです。

20090121door3.jpg
くまのすけのために、壁の左下を開けておくことに。
ドアが開いていても、なぜか自分用の通路とわかるようで、
この犬用出入り口を得意そうに通っています 笑>

そして・・・・ドアがあると、温かい!この前の嵐の時なんて、風があちこちから吹き込みまくりで、
フリースの重ね着に、フリースの帽子に、ふかふか靴下でも、
夜は体温が下がっていくのを感じたのでした。

なんだかいくつになっても、キャンプ生活の延長みたいで、可笑しい 笑 
思えば子供の頃から、テントで寝るのが好きだったし、
大人になっても、キャンプが好きだったからでしょうか?!

台所にはまだ水が来ていなくて、キャンプキッチンだった時のように、
野菜畑のそばで、青空の下、お皿を洗っています

完成への道はまだまだ遠い・・・ 笑

家をデザインする時に、何か一番大切かは
人によってずいぶん違うと思う。
「家」が、何を意味するのかも、一人一人ずいぶんと
違うんじゃないかと思う。

私は風が通って、光が差し込む広いオープンなスペースが大好き。
なので、自然と、壁が少ない、窓の多い、そして南国ならではの、
窓もつけない、虫除けのネットを張っただけのような空間が好き。
ハワイのラナイ(ベランダみたいな空間です)もとっても大好き 笑

でも、南国と言っても、冬は来るし、嵐も来る。
嵐が来ると、驚くほど風が強くて、笑ってしまうほど
どさどさと雨が降るのも、南の島で、しかもとっても
高くて大きな山がそびえている島の特徴なんだろうと思う。

夫は、ある程度の壁があって、「室内」という感じがするが好き。
二人の好みをぐるぐると混ぜて、オーブンに入れたらこんなケーキが
出来ました!みたいな感じで、今の最終に近づいたデザインは
ふたりが当初、想像したイメージやら間取りやらとはぜんぜん
違うものになっている。

のんびりと進む工事だけれども、やっと外装材をつける日が来た!
この外装材、杉なのだけれども、表面の加工がされていないので、
自分達で加工をしないといけなかった。

塗りモノ系担当の私が、電動ヤスリをかけ、3層のコーティングを
一日1層ずつ。スペースの都合で、一度に加工できるのが、
15枚ほど。なので、何ヶ月もぼちぼちぼちぼちとやってきた。

半年ほど前のブログにも登場した、これ↓がその外装材。
20080610siding3.jpg

再び大工Gが子犬と共にやってきた。注:写真は夫です。
うちのくまとこの子犬、モーリーは遊び疲れもせず、1日中一緒に
駆け回り、噛み合い、くまのベッドで一緒にお昼寝し、と遊んでいた。
20090116siding1.jpg

外装材をつける前は、なんだかベニヤの箱のようだった家。
箱っぽ過ぎて、写真もなかった 汗
作業が左から始まってはいますが、Before
20090116siding2.jpg


After
20090116siding4.jpg


外装材をつけたとたんに、なにやら「家」っぽくなって、驚く私。

「外装材にはぜったいに杉を使いたい!」と主張していた夫は、大満足。
ずいぶんと迷って色を決めた、外装材とそのまわりの板や
窓もまわりの縁どりの板など、苦労した思い出がわーっと浮かんできて、
安心したり、感激したり、と大満足で、そして、二人とも夜には大脱力な一日でした 

数日前からが接近中で、だんだんと風が強くなっていて、この日も
作業は無理だろう・・・とあきらめていたら、朝起きたら、驚きのピカピカの快晴!
「嵐がコナサイドに行ってくれますように・・・外装材をつけたい!」と
前日にお祈りしたのが、聞き入れられたようで、ほんとハッピーな一日でした。
自然の力に大きな感謝!

翌日の今日は、強風で家の中でも(まだあちこち壁がないので 笑)
風が吹きまくりで、フリースにフリースキャップをかぶり、書いています。

完成までの道はまだまだ遠い・・・



プロフィール

Keiko

Author:Keiko
ビッグアイランド~ハワイ島は、まだまだ大自然が残り、活発な火山活動が続く、エネルギッシュな島です。その中でも、溶岩が海に流れるカラパナがあり、天然の温水プールがあり、パパイヤ畑から、牧場からジャングルまで、さまざまな緑に溢れるプナというエリア。ハワイ島&ハワイ州の最東端であるクムカヒ岬の近く、カポホという土地の丘に住んでいます。子供の頃に、憧れていた自然の中でたくさん時間を過ごせる暮らしです。

日々の生活で感じたことや考えていること、ハワイ島のさまざまな自然、ハワイの人々の考え方や生き方、庭の果物達のことや、長年かけて作っている家のこと、行っているさまざまな活動のこと、などなどをシェアさせてくださいね。

マッサージができるセッションルームを、と作り始めた家が、どんどん成長を続け、ワークショップやリトリートが出来るスペースを含む家となりました。

庭で取れた果物など、地元のオーガニックの食べ物を食べながら、宿泊ができるスペース「Hale Lōkahi」も加わりました。「Hale Lōkahi」の詳細は、下記『ハワイ島でヒーリング!』ブログをご覧下さい。

将来は、庭仕事など大地に触れながら滞在できるファームステイもしたいなぁ、同じような思いを持つ人々が集まれる場となるといいなぁと、願っています。

”Hale Ho'oponopono Olakino” ウェブサイト、久々に更新しました (笑) 

良かったら、姉妹ブログも訪問くださいね!

ハワイ島でヒーリング!:
http://ameblo.jp/hawaiihealing (下のリンクコーナーからワンクリック!)

ハワイ島のキラキラを伝えたくて、サンキャッチャーやペンデュラムを作っています。ブログは更新がとても少ないですが 笑

ヒーリング・クリスタル 
 from 虹のハワイ島♪ 
http://ameblo.jp/rainbowcrystals (下のリンクコーナーからワンクリック!)

訪れてくださって、ありがとうございます。
人々がどんどんアロハの環でつながりますように!

アロハをたくさん込めて
keiko

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。