ハワイ島 緑に包まれたアロハな日々

キラキラと降り注ぐ光、海からの風、茂る緑に、歌う鳥たち。楽園ハワイ島で田舎暮らしをしながら、体験したこと、思ったこと、考えたこと・・・・ みなさんとシェアできれば幸せです☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は私達にとっては、緊張でドキドキの一大イベントな日でした。
Foundation Inspection

作りかけの家と、現在住んでいて改装中のキャビン。
どちらも合法的な建物になるように、郡の建築許可を受けた家に
したいと、許可のプロセスの真っ只中です。

通常は、家のデザインを始めるところから、建築家などが関わり、
図面を起こし、強度等問題がないことを建築家が署名し、それに
郡がスタンプを押して、いくつかの検査官立会いの検査を経て、
完成となるのですが、私達の場合、キャビンに住んでいて、
家が半分くらい出来た状態で、このプロセスを始めました。

なので、いろいろとややこしい点も多く、(罰金も払います)
許可を受けた家にしよう!なんて思わなければ、楽だったのにー!
と思ったことも何度か。

その代わり、図面に縛られずに、建てながら、どんどんアイディアや
想いを膨らませて、コネコネと混ぜて、発酵させてと、
当初のベッドルームひとつとラナイが、どんどんと大きく成長し、
形も機能もまったく違う家にたどりついたわけで、それは
とても幸運な出来事だったと思うのでもあります。

この辺り、自分達で家を建てる人も多く(自ら、あるいは知り合いの
大工と一緒に、ガンガンと建ててしまう!)、許可を受けていない家も
たくさんあります。許可を受けていないから、ボロボロの掘っ立て小屋
なんじゃないかと思うかもしれませんが、手作り風の素敵なログハウスとか
きちんとした家でも、許可を受けていない家もあるのです。

なぜ許可を受けないか・・・
お金がかかる(建築家、図面を書く人、そして郡への手数料などなど、
何十万の出費になります)、細かなスペックにあわせないといけないのが
大変、などが理由だろうと思います。実際に私達もそれで悩みました。

が、ビジネスでも使うスペースであり、保険が必要=許可を受けた家でないと
難しい=予算が増えても許可を取ろう=その分、ストームが来ても大丈夫な
強い家になるだろう!と、なったわけです。

buildingpermit.jpg
<これがパーミット=許可書です。
受け取ったときは、やっと工事を進める許可が下りた!と感激でした>

と、前置きがながーくなりましたが。

Foundation Inspection土台検査とでも訳すのでしょうか?

家の下にあるコンクリートのブロックの設置、コンクリートを流し込む場所は、
型の中の鉄筋がきちんと施されているか、そして、許可を受けた図面どおりの
仕様になっているか?などを検査官がやってきて、チェックを受けます。
20081012concrete3.jpg

ここ1ヶ月ほど、建てかけの家の下の補強コンクリート壁やら、キャビンの
バスルーム(外だったスペースをコンクリート床の室内に)などの
コンクリートを流し込む型の準備を、せっせとやってきた夫。

20081012concrete1.jpg

とても器用で、覚えも早い夫ですが、プロの大工ではありません。
コンクリートの型を作って何十年!というプロを手伝いながら、
鉄筋を切って、つないで、コンクリートブロックに穴をあけて差し込んで
固定するなどの作業をしていました。
20081012concrete4.jpg

20081012concrete2.jpg
2週間ほどでコンクリートを流せるだろう!
というのが、当初の私達の予想。

とんでもなく、甘かった!


ここまで来るのに5-6週間かかりました 汗

そして本日。この検査でOKが出ないと、コンクリートの流し込みは
できません。そして。この検査でOKが出ると、基本的には建て掛けの
家、そしてキャビン、存在自体が認められたということになります。

この土台検査の後には、枠組みの検査、電機や水道の検査、など
など、最終の検査まで数々のステップがあります。が、家が斜面に
たっていることもあり、土台検査にパスすることは、大きな課題でした。

そして、雨上がりの今朝、日系の小柄な女性が郡の車から降りてきました。
建物の土台の検査にはとても似つかわしくない、物腰柔らかな
女性にちょっと安心。と思ったら、とたんに、巻尺を出してきて、
型の深さやら、鉄筋の間隔を、バリバリと測っています。

ひとつ、ひとつ、きちんと確認しながら、なんだかメモもしっかりと
取っています。全部図面と照らし合わせて検査を行い、細かい改善点をいくつかもらい、
どうもチェックは終わったようです。
私達が受け取る許可書に、但し書きでしょうか? バンバン書き込んでます。

それを受け取り、ドキドキと確認する私達。
小さい改善点がいくつかあるけれども、大きな修正はなし!
やったー!コンクリートが流せる!

二人で大喜び。
これからの注意点をいくつかアドバイスして、去っていった検査官。

あーなんだか、ひさしぶりに肩の力が抜けたー
ビーチにでも行きたい気分・・・
だけど、のんびりしている時間もあまりないほど、まだまだ作業は
山積みで、夕方まで、私はオフィスの天井の仕上げをやりました。

明日も別の天井のペンキ塗りな私。
大工生活は続きます・・・



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

congrats!
すごいねー!
全体像が想像できてないけど、なんか既に素敵な家だっていうのだけは伝わってくるよ。
来年、いづみーの結婚式でハワイに行く時、マッサージ予約するからヨロシクねー♪
【2008/10/16 22:41】 URL | tommy #WOq6nlhY [ 編集]

Tommy
いづみちゃんのウェディング、ハワイ島まで
二人で足を伸ばすの?
再会を楽しみにしているよー!
【2008/10/17 14:03】 URL | Keiko #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://bigislandlove.blog118.fc2.com/tb.php/59-66a377dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
ビッグアイランド~ハワイ島は、まだまだ大自然が残り、活発な火山活動が続く、エネルギッシュな島です。その中でも、溶岩が海に流れるカラパナがあり、天然の温水プールがあり、パパイヤ畑から、牧場からジャングルまで、さまざまな緑に溢れるプナというエリア。ハワイ島&ハワイ州の最東端であるクムカヒ岬の近く、カポホという土地の丘に住んでいます。子供の頃に、憧れていた自然の中でたくさん時間を過ごせる暮らしです。

日々の生活で感じたことや考えていること、ハワイ島のさまざまな自然、ハワイの人々の考え方や生き方、庭の果物達のことや、長年かけて作っている家のこと、行っているさまざまな活動のこと、などなどをシェアさせてくださいね。

マッサージができるセッションルームを、と作り始めた家が、どんどん成長を続け、ワークショップやリトリートが出来るスペースを含む家となりました。

庭で取れた果物など、地元のオーガニックの食べ物を食べながら、宿泊ができるスペース「Hale Lōkahi」も加わりました。「Hale Lōkahi」の詳細は、下記『ハワイ島でヒーリング!』ブログをご覧下さい。

将来は、庭仕事など大地に触れながら滞在できるファームステイもしたいなぁ、同じような思いを持つ人々が集まれる場となるといいなぁと、願っています。

”Hale Ho'oponopono Olakino” ウェブサイト、久々に更新しました (笑) 

良かったら、姉妹ブログも訪問くださいね!

ハワイ島でヒーリング!:
http://ameblo.jp/hawaiihealing (下のリンクコーナーからワンクリック!)

ハワイ島のキラキラを伝えたくて、サンキャッチャーやペンデュラムを作っています。ブログは更新がとても少ないですが 笑

ヒーリング・クリスタル 
 from 虹のハワイ島♪ 
http://ameblo.jp/rainbowcrystals (下のリンクコーナーからワンクリック!)

訪れてくださって、ありがとうございます。
人々がどんどんアロハの環でつながりますように!

アロハをたくさん込めて
keiko

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。