ハワイ島 緑に包まれたアロハな日々

キラキラと降り注ぐ光、海からの風、茂る緑に、歌う鳥たち。楽園ハワイ島で田舎暮らしをしながら、体験したこと、思ったこと、考えたこと・・・・ みなさんとシェアできれば幸せです☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アロハ! 

サンフランシスコにいます。
寒いです。
とても 笑

20101126 xmas tree

久しぶりの冬装備で、町をあちこち、歩き回っています。
最近は、ホノルルでも、田舎暮らしから訪れると、
クラクラしたり、バランスを崩したりと、うまく適応が
できなかったのですが、今回は、するりとうまく町のエネルギーに
とけ込みました。

家にいる私、そのままで、サンフランシスコにいる感じ。
ほんとに、ここはサンフランシスコなんだろうか??
ニューヨークかもしれない、ロンドンかもしれない。。。と
町を歩きながら、ぶつぶつと考えています。笑

ハワイは、まだ太平洋の真ん中にちゃんとたたずんでいるんだろうか?
うちのクマはきちんと、あの場所にいるんだろうか。
なんとも、不思議な感じです。

13人のおばあちゃんの集まりでの体験やその後も続いている、
その影響力のこと。なかなか、書けないままですが、13人のおばあちゃんに
向けて、変わり始めたさまざまなこと、流れのスピードは、どんどんと
早くなっています。

あれから、まだ、1月しか経っていないですが、まるで、何年も経ったかの
ように、私の人生は色合いが変わって来ています。

奄美に向けて、クレンジングが起っている、さまざまなことを手放している、
と夏の間、感じていましたが、その後も、よりパワーアップした
「手放すこと」のレッスンが続いています。

不要と判断し、手放して来たたくさんのモノやコト。
社会が決めた、**らしさや、**あるべきという価値観や先入観。
自分が溜め込んで来た、悲しみや怒り、そして痛み。

それに加えて、自分が手放そうと思ってもいなかったものを
手放すことが、要求され始めました。

「要求されている」と書くと、「誰が?」と、つっこみが入りそうですが、
自分で考えて決めたことではなく、人生が、状況が、さまざまな声が、
そう要求しているのです。

手放したくない、大切なものを、手放せるか。
これは、「状況を、まるのまま、受け入れられるか?」と同じ問い
なのかもしれません。

「どうして?」「今でないといけないの?」「手放さないといけないのなら、
なぜ、与えられたの?」と、思考や感情は渦を作り出しますが、
直感が、本能が、そして、声が、「手放しなさい。」と。

「手放します。大切なものだからこそ、手放しましょう」と、
言い切った時に、悲しみや失望や怒りは、そこにはなくて、
青空のような、大きなスペースが広がって行くのを感じました。

魂は、手を広げて、その手に持っていたモノを手放したことで、
身軽になったことを、喜んでいる。より自由に羽ばたけることに、
わくわくしている。

「手放すってどういうこと?」と、聞かれることがあります。
今回、私は、どうやって、手放したんだろうと、振り返ってみると、
ただ、単に、「手放します」と決心をしたこと、そして、手を
開けたこと。それだけ、です。

手放そうと思って、手を開けると、その手に乗っているものは、
行くべきところに、動き出します。

石ならば重力に引っ張られて下に落ちて行くし、羽ならば、風に乗って
飛んでいくでしょう。

それが、手放すこと、だと思います。
自由にすること、行くべきところに行かすこと。

手放したもの、は、私の手や心から、どんどんと物理的に
離れて行くけれども、繋がるべきもの、絆で結ばれたもの、は
手放すという経験を通じて、新たな関係性や意味を持って、私の
中にとどまるのだなぁと。

そして、私の世界から、失われることも、ないのだな、と感じます。

手放すことは、自由にすること、自由になること。

私は、どこまで、自由なのだろう?
どこまで、自由になるのだろう?

と、最近、感じています。

ハワイを出発する前に、手が届きそうなところに、
虹が現れました。

20101124 rainbow

みなさんに、そして、すべての存在に、虹の祝福を!

アロハを込めて
けいこ
スポンサーサイト

島のあちこちで感じる命の気配

20101011 Life_2

何時間でも、じっと座って、眺めていられるものたち

20101011 Life_3

眺めていると、どこで私が始って、どこでそのものたちが始るのか
わからなくなってくる

20101011 Life_1

この命の流れは、どこに向かっているんだろう

アロハー! とってもとってもとっても、書きたいことが
たくさんありすぎて、どこから始めたらいいのか、
わからないくらいに、たくさんシェアしたいことがあります。

ハワイは今夜が新月ですが、この新月にかけての2週間は、
人生でももっとも大きな変化が立て続けにおこった
2週間でした。

先月の新月には、すでに日本にいて、さまざまな人との
出会いや再会が始っていました。ロクサーヌ先生の
ワークショップも無事に進み、そこでも、たくさんの出会いや
再会があり、満月の頃には、仕事を終えて、鹿児島は霧島で
13人のおばあちゃんの集まりにいました。

「13人のおばあちゃん」ご存知の方も多いと思いますが、
まだまだメディアにもあまり登場せず、「何?!」
「それ、誰?!!」という反応の方が、多いことに気付きました。

『赤い人、白い人、黒い人、黄色い人。4つの肌の色、4つの人種が
集まりつながったとき、すべての生命がひとつの聖なる輪の中に
存在する世界が始る』というネイティブアメリカンに伝わる予言があります。

2004年の10月に、この予言に導かれて、アラスカ、南北アメリカ、
中央アメリカ、アジア、アフリカから、4つの方角から、13人のおばあちゃんが
集まり、初めての会合を持ちました。

このおばあちゃん達は、それぞれの部落やコミュニティーで、シャーマンや
メディスンウーマン(薬草など伝統的な方法を用いて人々を癒す女性)として
尊敬をあつめ、人々のため、女性のため、子供達のために、それぞれの方法で
活動をしている女性たちです。

201010 GrandMothers_1


抱えている課題や問題には、共通点があり、一緒に、祈り、活動をすることに寄って、
世界に良い影響を与えて行ける、という思いから、定期的に集まることを決め、
今回の日本での集まりは、8回目の集まりでした。

それぞれのグランドマザーが自分の繋がる土地で開催するこの集まり。
13人のおばあちゃんのひとり、クララはブラジルアマゾンで活動していますが、
日本人の血と魂をもつ女性。日本のあちこちを訪れ、奄美大島を集まりの
場として選びました。

ニュースでみなさんもご覧になったように、開催前に、奄美では記録的な
大雨となり、おばあちゃんたちが島に渡ることも、開催をすることも、
難しい状況となりました。

この集まり、公開されていて、希望者が参加することが出来るのです。
そして、この集まりを日本側の窓口として開催している団体は、
ボランティアによって運営されているという、とてもオーガニックで
心で動いている集まりです。

「奄美になるのか、ならないのか」
「奄美に行くことはいいことなのか、良くないことなのか」

おばあちゃんたち、日米の主催者、ボランティアスタッフ、そして
参加者、ひとりひとりに、たくさんの疑問が突きつけられて、
それぞれの価値観や行動規範を、自ら体験する機会を与えられました。

「開催されなかったら、奄美で災害ボランティアをする」という思いで、
友人と二人で、雨具や長靴から、大量のカロリーメイトなどを、前日の
深夜に買い込みました。友人は、早朝に奄美に出発、ぎりぎり無事に奄美に到着。
片付けることが山ほどあり、午後に遅れて出発した私は、開催が霧島に
なったとのニュースを受け、奄美には飛ばず、鹿児島にとどまる決断をしました。

たくさんの偶然や、出会いや、決断。
いろいろなものが、一緒に働いていて、一刻一刻と変わる万華鏡の中に、
自分が入ってしまったような世界でした。

何が正しいか、どの情報が正確なのか。
「心の声にしたがうこと」「状況をそのまま受け入れること」
「思い込みや予想、願望に縛られないこと」
学んで来たことの、総テストをされているような気持ちにもなりました。

今回の来日前。
ワークショップへの問い合わせや申込が、5月と比べて、不思議なくらい少なく、
「なぜ、私は、今、日本に行くのか?」「何をしにいくのか?」
「私は何がしたいのか?!!」を、何度も考えさせられました。

「アロハをシェアできれば、満足!」という、結論に達して出発した私。

その場を、たくさん与えられました。そして、「どこまで自分を与えることが
できるのか?」を、試されることも、たくさんありました。

通訳として関わるという大きな贈り物を頂き、おばあちゃん達の言葉が、
私の中を通って行きました。おばあちゃん達の思い、願い、私たちにシェアして
くださるたくさんの知恵。自分を通り抜けるものが、自分をどんどんと
作り変えていっていることを、ひしひしと、感じました。

大阪に戻ったら、友人が、「顔が変わっている!」と。
たしかに。

自分の中にあり、なんとか、自分の外に出したかったたくさんのモノたちが、
外に飛び出して、流れがとてもよくなっていることに気付きました。

手放したいものは、手放し、表したいものは、表す。
たくさんの循環が起ったのだなぁと。

そして、いま、ここで感じていること。
「あ~~~ しあわせだなぁ。」の一言です。

グランドマザーたちについては、彼女達について、彼女達のメッセージに
ついて、もっとシェアしたいことがあるので、また書きたいと思います。
そして、私の中で、回りで、起っている、たくさんたくさんの変化について。

いつも、最後まで、読んでくださって、ありがとう。
繋がっていることを、感じています。ありがとう!

with Aloha,
Keiko


プロフィール

Keiko

Author:Keiko
ビッグアイランド~ハワイ島は、まだまだ大自然が残り、活発な火山活動が続く、エネルギッシュな島です。その中でも、溶岩が海に流れるカラパナがあり、天然の温水プールがあり、パパイヤ畑から、牧場からジャングルまで、さまざまな緑に溢れるプナというエリア。ハワイ島&ハワイ州の最東端であるクムカヒ岬の近く、カポホという土地の丘に住んでいます。子供の頃に、憧れていた自然の中でたくさん時間を過ごせる暮らしです。

日々の生活で感じたことや考えていること、ハワイ島のさまざまな自然、ハワイの人々の考え方や生き方、庭の果物達のことや、長年かけて作っている家のこと、行っているさまざまな活動のこと、などなどをシェアさせてくださいね。

マッサージができるセッションルームを、と作り始めた家が、どんどん成長を続け、ワークショップやリトリートが出来るスペースを含む家となりました。

庭で取れた果物など、地元のオーガニックの食べ物を食べながら、宿泊ができるスペース「Hale Lōkahi」も加わりました。「Hale Lōkahi」の詳細は、下記『ハワイ島でヒーリング!』ブログをご覧下さい。

将来は、庭仕事など大地に触れながら滞在できるファームステイもしたいなぁ、同じような思いを持つ人々が集まれる場となるといいなぁと、願っています。

”Hale Ho'oponopono Olakino” ウェブサイト、久々に更新しました (笑) 

良かったら、姉妹ブログも訪問くださいね!

ハワイ島でヒーリング!:
http://ameblo.jp/hawaiihealing (下のリンクコーナーからワンクリック!)

ハワイ島のキラキラを伝えたくて、サンキャッチャーやペンデュラムを作っています。ブログは更新がとても少ないですが 笑

ヒーリング・クリスタル 
 from 虹のハワイ島♪ 
http://ameblo.jp/rainbowcrystals (下のリンクコーナーからワンクリック!)

訪れてくださって、ありがとうございます。
人々がどんどんアロハの環でつながりますように!

アロハをたくさん込めて
keiko

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。