ハワイ島 緑に包まれたアロハな日々

キラキラと降り注ぐ光、海からの風、茂る緑に、歌う鳥たち。楽園ハワイ島で田舎暮らしをしながら、体験したこと、思ったこと、考えたこと・・・・ みなさんとシェアできれば幸せです☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カメハメハ生誕の日はさまざまなイベントが各地で開催されます。

今年は島の北の端っこ、Kapa’au (カパアウ)でカメハメハの誕生日を祝ってきました。
このエリアはカメハメハが生誕した地あるいは、その一番近い町といわれ、
カメハメハ大王像のオリジナルはここにあります。

20100611 Kamehameha_3

(一番よく知られているものがホノルルのもの、そしてヒロにもあり、
首都ワシントンDCにも一体あるのです)

今年はカメハメハがハワイの全島をまとめハワイ王国を作ってから、
ちょうど200年にあたる年です。

朝の8時にカパアウの大王像にレイが捧げられ、一日が始まります。
私たちは自宅を5時に出発。カパアウに8時前に到着しましたが、
なぜか(笑)すでに子供たちがフラを収めたり、イベントが
始まりつつある雰囲気でした。

さまざまなグループや個人がレイを捧げます。
レイはすでに像の横に並べられていて、お花畑のように華やかです。

カメハメハやその妃だったカアフマヌに関係の深い団体などが
チャントを収めたり、敬意を表したり、順番に大王像の前に集まって、
レイを捧げます。

20100611 kamehameha_4

長いレイは20フィート(6メートル)以上あり、2本の棒にかけて
像にかけられます。

プルメリア、プアケニケニ、クラウンフラワー、そして珍しい花では、
Ola a beauty という濃い紫の花のレイなどが捧げられていました。

20100611 kamehameha_2

1時間が過ぎる頃には、大王はレイに埋もれそうです。

20100511 kamehameha_1

ちょうどそんなタイミングにパレードが大王像の前にさしかかります。
ハワイ諸島のそれぞれの島を代表する女性が華やかに、その島の花や植物の
レイなどに包まれて、そして、同じようなレイを首に下げた馬に乗って登場です。

20100611 Kamehameha_5
<マウイ島のパウライダー>

私はフラのハーラウ(教室)には属していませんが、参加できる時に参加してもいい
というオープンなハヴィのフラのクラスに参加しています。そこのケイキ(子供)たちの
何人かがいくつかの島を代表していました。

キラキラと輝いている彼女たちを見れて、とてもハッピーになりました。
馬のレイも美しくて、そして植物を集め、たくさんのレイを編んだだろう
彼女たちと周りの家族や友人たちの誇りを感じました。

20100611 kamehameha_6
<カウアイ島のモキハナのレイ>

ハワイのイベントらしく、パレードの後は、公園に移動して、ホオラウレア。
ステージでは音楽やフラが繰り広げられ、BBQやら照り焼きやらのプレートランチを
売る屋台から、香ばしい香りが漂ってきます。

一緒に踊っているフラシスターたちが、緊張しながらもフラを披露しているのを
見ることができて、それも幸せでした。

同じ島ですが、島の北の方は、古い土地(島の南ほど最近の火山活動で作られた土地です)
なので、気配やエネルギーがぜんぜん違って、まるで日帰りの小旅行気分です

sunset_1.jpg

帰りには、西に回り、プウコホラヘイアウ近くのビーチで、ハワイに戻って来てから
初めて海に入りました!ちょうど新月の前日でなんだかさまざまな浄化も出来たようで、
すっきりハッピーに。久しぶりにサンセットを眺めて、島を横切り、島の反対側の家に
戻ってくる頃には、もう夜も10時頃でした。

人々が伝統や文化のために、多くを注いでいることを感じた一日、
そして、ハワイ島の太陽や海を満喫した一日でした!

スポンサーサイト

日本からハワイ島に戻って1週間になります。

20100510 flower1
<寒かったけれども、美しいものがたくさんだった日本>

島を31日も離れるのは、移り住んでから初めてのこと。
飛行機からハマクア海岸の美しい海岸線やら
海に落ちる滝を眺めて、「あーやっぱりハワイ島は美しい!」
と思ったものの、ヒロ空港で荷物をピックアップして駐車場に
出たとたんに、「あーなにもない。。。。。」と不思議な空虚感に
襲われました。

そうだった。島には大きな何もない空、緑がただ漠然と広がる
何も無い空間、そこに鳥やら虫やら生き物や昆虫たちがたくさん
いたんだったと思い出したのでした。

1ヶ月のほとんど毎日をたくさんの人々と、忙しく
過ごした後での、ひろーいスペースで夫と、クマと私。
なんだか、体と心がなかなかなつかしいものの馴染まない感が
あるまま日々が過ぎました。
20100607 garden3
<実り始めたパイナップルたちが育つようにここ数日は草抜きをしてました>

昨日は早起きして大好きなボルケーノのファーマーズマーケットに
野菜を買いに行きました。カウ(島の南のエリア)で作った
美しい野菜たちを売る農家があり、ブロッコリー、カリフラワー、
色とりどりのにんじんに、色粘度を混ぜて生まれたような不思議な色の
カラーペッパーとたくさん野菜を買い込み、久しぶりに、
たくさんの人をまわりに見て、少し自分の中に動きが出て来た
感じです。

ボルケーノに住む踊り手、那須しずのさんともばったりファーマーズ
マーケットで再会して、マーケットの買い物の後に、夫婦で
ご自宅にお邪魔しました。しずのさんのお友達や画家のだんなさま
に加えて頂き、お茶を頂き、ボルケーノの森の静けさを感じながら、
のんびりした会話を楽しみました。会話などを通して人と繋がることを
1週間ぶりに体験した!と感じている自分を見ながら、
日本での生活や体験を思い出しつつ、ここでの生活を再会して、
新しいバランスを取ろうとしている自分を感じました。

日本での1ヶ月は、とても充実して、濃密な日々でした!

20100525 rainbowrose
<日本で出会ったもののひとつ。不思議な色だった!>

プライベートでは妹が移り住んだ沖縄で素晴らしい人と
出会い、そのウェディングに立ち会いました。温かい
家族に迎えられ、好きで住んだ土地で新しい大きな家族が
出来たんだなぁーと、妹の人生の大きな転機に深く
感動しました。

w:flower1
<あいにくの曇り空でしたが、沖縄の海を背に家族と友人たちが
集まった温かなお式でした>

そして、新しく出会ったたくさんの人々や、友人たちと
語り合った時間。

仕事の準備や後片付けで、予定していたのに会えなかった
友人たちや、連絡も取れなかった友人たちもいました。
(あ、わたし。と思っているみんな、ごめんね!)

初めてであったのに、古くから知り合いのようで再会したような
不思議な幸福感を感じたたくさんの人達。
そして、久しぶりに再会して、顔を見ながら、話が出来る喜びを
友達たちに感じました。年に1度、あるいは数年に1度、
会うだけだけれども、信頼や友情が続くことに、深い感謝。
みんな、ありがとう!

今回の帰省の大きな核だったのは、オアフ島のロミロミの
クム(先生)アンクルアルバとその弟子のオルが来日しての
ワークショップとプライベートセッション。

Ito Group2
<伊東でのワークショップ解散時の集合写真>

今までの数々の旅の中でも、とても重くて、深くて、
大きな力が自分に向けて働きかけているのを感じる2週間
でした。

この2週間のことは、もっと時間をかけてゆっくりと
シェアして行きたいと思っています。体験を忘れないうちに
早く書きたい!という気持ちとともに、消化していないことは
書けないよ!という気持ちが入り交じっていて、様子をみています 笑

そして。
いま、このブログは、庭で書いています!

夫が数日前に、ふと言いました。
「もっと庭で時間を過ごした方がいいと思う。もっと大地を
感じるほうがいいんじゃないの?」

自宅にいる時の私は、朝食が終わるとオフィスでコンピュータに
向かい、「お昼だよー!」と呼ばれてお昼を食べに行き、
昼食が終わると、コンピュータに向かい、夕方、
犬の散歩から帰ると、夕食を食べたら、またコンピュータに
向かいと、どこかに通ってはいないものの、自宅内通勤をしたり、
自宅内残業をしたり。一日のほとんどをコンピュータに向かって
過ごしています。

窓から見える青い空や揺れる緑の木々、そして聞こえてくる
鳥たちの声を聞きながら、「あー自然がたっぷりでいいなぁ」と、
感じてはいるものの、たしかに、恩恵を最大限に受け取っていなかった。

大阪で仕事をしていた時に、「窓の開かないオフィスを出て、
お向かいの神社の境内にコンピュータを持って行って仕事がしたいー!」
と、この季節、毎日毎日、切に思っていたことを思い出しました。

一緒にここに移住して来た日本のラップトップが早々にバッテリーを
いためてしまって、電源から離れては仕事ができなかった日々。
少しずつさまざまな機能を失って行く様子を見て、とうとう年末に、
「壊れてすべてを失う前に!」と、アメリカ生まれのMacBookに
変えていたことに気付きました。

あ、電源から離れても仕事はできる!

日々、仕事が山積みで忙しい!と思うあまりに、こんな大きな変化の
意味もわからないまま毎日を過ごしていたのでした。

20100607 garden1

仕事の道具たちとビーチチェアを持って、庭へ。
大好きな木の横にセットアップしてみました。
くまもついてきて、嬉しそうです。

が、椅子のサイズが合わず、コンピュータとともに
滑り落ちそうです。

20100607 garden2

結局は、和風な解決策が登場。
ビーチゴザ、ちゃぶ台、座布団代わりのクッション。
これは、大成功!
より大地に近いせいか、日本人だからか、なんだか、妙に落ち着きます 笑

小さい頃から外で遊ぶのが好きだった私。
ぐるりと回って、原点に戻っているのだなぁと感じます。

こんな風に、普段は覚えていないさまざまな体験や思いが
人を動かしているのかなぁ、とも感じるこのごろ。

とりとめがないブログになりましたが。。。

少しずつ日本での体験や、この島のことをまた
シェアしていきたいと思っています!

読んでくださって、ありがとう

アロハを込めて
けいこ
続きを見る?
プロフィール

Keiko

Author:Keiko
ビッグアイランド~ハワイ島は、まだまだ大自然が残り、活発な火山活動が続く、エネルギッシュな島です。その中でも、溶岩が海に流れるカラパナがあり、天然の温水プールがあり、パパイヤ畑から、牧場からジャングルまで、さまざまな緑に溢れるプナというエリア。ハワイ島&ハワイ州の最東端であるクムカヒ岬の近く、カポホという土地の丘に住んでいます。子供の頃に、憧れていた自然の中でたくさん時間を過ごせる暮らしです。

日々の生活で感じたことや考えていること、ハワイ島のさまざまな自然、ハワイの人々の考え方や生き方、庭の果物達のことや、長年かけて作っている家のこと、行っているさまざまな活動のこと、などなどをシェアさせてくださいね。

マッサージができるセッションルームを、と作り始めた家が、どんどん成長を続け、ワークショップやリトリートが出来るスペースを含む家となりました。

庭で取れた果物など、地元のオーガニックの食べ物を食べながら、宿泊ができるスペース「Hale Lōkahi」も加わりました。「Hale Lōkahi」の詳細は、下記『ハワイ島でヒーリング!』ブログをご覧下さい。

将来は、庭仕事など大地に触れながら滞在できるファームステイもしたいなぁ、同じような思いを持つ人々が集まれる場となるといいなぁと、願っています。

”Hale Ho'oponopono Olakino” ウェブサイト、久々に更新しました (笑) 

良かったら、姉妹ブログも訪問くださいね!

ハワイ島でヒーリング!:
http://ameblo.jp/hawaiihealing (下のリンクコーナーからワンクリック!)

ハワイ島のキラキラを伝えたくて、サンキャッチャーやペンデュラムを作っています。ブログは更新がとても少ないですが 笑

ヒーリング・クリスタル 
 from 虹のハワイ島♪ 
http://ameblo.jp/rainbowcrystals (下のリンクコーナーからワンクリック!)

訪れてくださって、ありがとうございます。
人々がどんどんアロハの環でつながりますように!

アロハをたくさん込めて
keiko

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。