ハワイ島 緑に包まれたアロハな日々

キラキラと降り注ぐ光、海からの風、茂る緑に、歌う鳥たち。楽園ハワイ島で田舎暮らしをしながら、体験したこと、思ったこと、考えたこと・・・・ みなさんとシェアできれば幸せです☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回のヒロファーマーズマーケットでご紹介した
プナで手作りされている「かばん」の登場です。

hilofm8.jpg

シェルのネックレスやラウハラの帽子などが
美しく並ぶこのお店。

hilofm9.jpg

こんなかばんも、たくさんたくさん吊るされています。

ハワイの植物をデザインして、布にプリントして、
そして、かばんに仕立てています。

たくさんあるサイズ、デザイン。
悩んで選んだのが、このサイズ。
薄いファイルが入るし、ミニミニハワイアン辞書、ウォーターボトルなどなど、
普段持ち歩いているものが、すっと収まります。
200910bag1.jpg

ポケット大好きな私にうれしい、中にも外にも
たくさんのポケットたち。
200910bag2.jpg

プナに住むDanaの作品。
200910bag3.jpg
<内ポケットにボールペンでサインが入っているのがなんともプナっぽい!笑>

登場する植物は、
ククイの葉、タロの葉、そしてシダのLaua'e
(上の写真の真ん中がククイ、右がタロ、そして左がラウアエ)

愛用している近藤純夫さんの「ハワイアンガーデン」で
調べると、このシダは、和名をオキナワウラボシと言い、
沖縄から東南アジア、アフリカの熱帯地域の原産とありました。

私はてっきりハワイ原産のシダだと思っていました!

このシダはハワイではよく見かけ、使われるものです。
ロミロミのロクサーヌ先生がハワイのハーブの授業で、
「葉を肝臓病や胃痛などに使う」と説明されてましたし、
この本でも、「カパの間にはさんで香り付けにした」とあります。

沖縄は私の大好きな土地。
今は家族も暮らしています。
知らずに買ったデザインでしたが、沖縄とハワイがひとつの
かばんに含まれているようで、なんだか、うれしくなりました♩

ヒロのマーケットで見つけたもうひとつのうれしいもの。

macnutball1.jpg

Mac Nut Mud Balls $2
口に入れると、さくさくとしていて、そして、ふわりと溶けてしまった
ココア味のマウナケアボール。普段はスーパーのKTAでも売られている
地元のスイーツのお店の作る白いマウナケアボールを買っています。
ココア味も、とってもいけます!
みかけたら、ぜひ。。。。

美しいものがたくさん、そして美味しいものもたくさんのヒロの
ファーマーズマーケット。
水曜日と土曜日の午前中にオープンしています。
数は少ないですが、一部のお店は、他の曜日にも出店しています。
が、せっかく行かれるなら、水曜か土曜がお勧めです!

スポンサーサイト

今日は、久しぶりの「ヒロの宝箱」
去年秋に、スイサン、ヒロホームメイドアイスクリームを
ご紹介して以来です♩

ヒロに立ち寄られた方の多くが、ヒロのファーマーズマーケットを
のぞかれたことがあると思います。

農業や花の栽培が盛んなハワイ島のヒロサイドらしい、
花や野菜、果物、そして地元の美味しいもの、美しいものが
たくさん集まる楽しいマーケットです。

hilofm1.jpg

美しいランやトロピカルな花たち。
オアフ島から来る人たちも、ハワイ島の花のお手頃な値段に驚くそうです。

hilofm2.jpg

3つの束で、5ドル。
飾っても長持ちするし、レイにもできる優れもの。

hilofm3.jpg

まるで、おもちゃのような美しい色。

hilofm4.jpg

このお店は、ぜんぶ有機栽培のものばかり。
豆類やトマトなど、契約している地元のMilk & Honey Farmの毎週の
「お野菜箱」に入っていない野菜をよくここで調達します。

数々あるクラフトのお店のなかで、私の一番のお気に入りは、ここ!
「さわらないでください」と札がかかっていますが、
貴重な貝やとても手の込んだラウハラのクラフトなど、ハワイの伝統的な
工芸品をおいています。

hilofm6.jpg

博物館にいれても、よさそうです♩
hilofm5.jpg

この素敵なチョコレート色の帽子は、たしか、1500ドル?2500ドル?かな?
とても幸せな目の保養です!

今、重宝しているかばんは、ここのもの。
プナの職人さんが、デザインをし、染めて、縫って、作った、かばんです。

これは、次号でご紹介します!


しばらく前から、定期的に浮上してくる思いがありました。

「私は、本当の声で話しているのだろうか?」という思い。

これは、肉体的な意味での声と、精神的・霊的な意味での声と、
二つともをカバーする疑問なのですが、肉体的なほうの声は、
振り返ると、高校生のころに何度も疑問に思ったことでした。

そして、人生の転機にあった、5-6年前に、何度か
「のどのチャクラが弱くなっている」と指摘され、自分が
しっかりと自分の真実を語れていないこと、声がちゃんと
出ていないのだ、と感じたのでした。

そのことは、ずっと心に残り、自分の「本当の声」を見つけたいという
思いに繋がっていったのでした。

sky2.jpg

そして、出会ったのが、渡邊満喜子さん。

「聖なる癒しの歌」
(同じ内容の本が、下記として新たに出ています)
41XJAT7FXCL.jpg


不思議な人生を生きられた方で、あるとき、メキシコで、「声」が彼女に
降りてきて、その「声」「歌霊」あるいはスピリットと共に、帰国。
その声が歌う歌に自分がまず癒され、その後、周りの人々の歌を歌い人々を
癒し、人々が自分の声を見つける手伝いをし、と、「声」と人生が、なんとも、
美しく織りあわされたような存在でした。

もちろん、こんな不思議な体験をするのだから、満喜子さんはとまどい、
さまざまな葛藤にとらわれますが、ヒーリングに関わる人間が自らの使命を
受け入れ、生きていくという、一人の女性のストーリーとしても、感動の本です。

彼女は、自分が輪の中心で発声することで、自らの声のバイブレーションで、
参加者の声が出やすくなる場を作り、人々が自らの声を「体験」「発見」する
ことを、手伝っていました。

届いた古本のカバーを開けたら、彼女からのメッセージがありました。
「お会いできた喜びをこめて・・・」

もちろん、元の持ち主さんへのメッセージですが、私へのメッセージだ!とも
感じ喜びが溢れました。彼女の声が聞こえた気がしました。

帰国したら、彼女のワークショップに出たい!と楽しみにしていたのですが、
その本を私が開いた前の月に、彼女は突然、他界されていました。

「彼女の声に合わせて、声を出してみたい。」

ワークショップを録音したCDがセットとなった
「声をめぐる冒険」という本がありました。
41Ok48w9F4L.jpg

とても、不思議なCDでした。
穏やかな満喜子さんの声が、解説をし、宇宙のバイブレーションや、大地の
バイブレーションを、彼女の声で、現します。

何かが自分の中で、動くのです。
そして、何度も、何度も、聞いてしまうのです。
彼女の声は、驚くほどの高いソプラノあり、地面が揺れそうな低音ありと、
普通なら、耳障りになりえるほどの、強さなのですが、これが、不思議と、
心地よいのです。

私は、どきどきとしながら、声を出してみました。

声が震えています。

自分の声を聞くのを、一番恐れていたのは、自分自身なのかもしれない・・・・
自分が、何を言い出すのか、心配して、口を押さえて、喉を絞っているのは、
自分自身の不安や恐怖なのかもしれない・・・・・

まだまだ私の声は、そろそろと、様子を見ながら、出て来ているようです。
朝のチャンティングの時の声が、少しずつ、周りと共鳴しているように
感じるようになりました。

そして、自分の体にも、自分の声の響きが、少しずつ気持ちよくなってきました。
sky1.jpg

音は、振動、バイブレーションです。
よい音を聞くと、心地よくなるし、体も揺さぶられて、落ち着くものが
落ち着くべきところに落ち着きます。

自分自身の体が、楽器なのだとしたら、いい音を響かせたいし、
自分の声が、自分の体や心を癒すバイブレーションで響けは、
話すこと、語ること、歌うこと、が、自分の癒しにも繋がる・・・・

満喜子さんは、言います。
「人は誰でも、世界でたったひとつの、自分だけの美しい声をもっている」

「それはそれぞれの魂の波動が外部に音声として表出したもので、内なる音楽の
調和と共に存在して、その人だけの歌をうたうことができる」

「この声を魂の乗り物として、発声のレッスンを重ねていくと、より精妙な波動を
音声化することにより、より深い自分と共鳴する感覚を取り戻す」

ここ数日で、いままで見えなかった、あるいは見ることを拒んでいた
自分のさまざまな面が、するすると目の前に現れてきました。
不思議な体験も続いています。

これは、また今度シェアしますね。

私も満喜子さんの声が聞きたい!と思われた方は、CDをお試しくださいね。
本も、強い思いと静かな観察が、とても的確な文章で表されている素晴らしい
本です。おすすめです!

昨日の朝、目覚めたら、とても、とても、疲れていた。

大掃除にスペースクリアリングで、すっきりしてきた反面、
どんどんと、おもーい疲れがたまっている感じ・・・

ベッドから、ぼーっと、窓の外のティの並木に輝く朝日を眺めながら、
「海に行かなきゃ!」と思ったのでした。

ハワイ語クラスの帰りの道。
海のそばをくねくねと、ハラやマンゴーの林を抜ける道。
大好きな道の、お気に入りスポットに車を止めて、溶岩の上に座った。

20100206ocean5.jpg

この辺りの海は、溶岩が海に迫っていたり、黒砂のビーチ。
(白い砂のビーチが恋しくなると、島の反対側に遊びに行きます)

このスポットは、ゆるーい小さな湾のようになっていて、その
和やかな雰囲気が大好きなスポット。
私は見たことがないのだけれども、アザラシがお昼寝に来ることもある、
のんびりスポット。

20100206ocean3.jpg

大掃除を始めて、どんどんいろいろなことが動き始めたり、回り始めた
反面、古いものを、えいっと捨てずに、手紙を読んだり、写真を眺めたり、
していたので、古いモノたちから解き放たれたエネルギーが、大量に自分や
家に充満していたみたい。

自分から出すプロセスやスピードが追いついていないのだなぁ・・・
海を眺め、風を感じていると、さらさらと、自分の中から、要らないものが
海に流れていくのを感じました。

読みたかった本を、開けてみたものの、ぼーっと打ち寄せてくる波を
眺めるほうが、気持ちよくて、あっという間に読書は断念。

20100206ocean4.jpg

タオルを通して、太陽で温まった溶岩の熱がじんわりと、お尻に気持ちいい・・・

やしの木陰。風に揺られて、影もやさしく動いていて、「あーこのまま
眠りそう・・・・」

波が立ち上がるたびに、底の岩たちが透けて見えて、それはそれは、
美しいのでした。一日中、眺めていても飽きないだろうなぁ・・・・

20100206ocean1.jpg

日が傾いてきて、肌寒くなってきたので、次は、くまのすけを連れて来よう・・・と、
海にありがとう!を言って、帰ってきました。

「顔がすっきりしているよ!」と、夫。

自分でも、体と心がずいぶんと軽くなったのを感じます。

海のパワーに感謝。

海が、生活のとても近くにあることは、水が大好きな私には、とても大きな恵みです。
いつも、そこにいてくれて、私を助けてくれる自然や人々・・・・・
いつも、いつも、ありがとう!!!

先日のブログで、「落ち着いてきた」と書いていた、大掃除熱。
あれから、もう数週間が過ぎ、さすがに他のこともしたくなってきました。
残ったところは、また次回に持ち越しかなぁと思い始めていたら。

先週のこと。
フラのクラスに向かうために、Hawiに向かいました。
その途中、久しぶりにWaimeaに住むFさんのところへ。

彼女のところに行くと、いつも読むべき本が待ち構えているという
不思議なつながりのある人。人に気を使わせない素敵な人で、
遠慮なく、「午後、行ってもいいですか?」と、立ち寄らせてくれる
とても温かな場所。

そして、今回、出てきた本は・・・・
「ガラクタ捨てれば、自分が見える」
そして、「ガラクタ捨てれば未来がひらける」
カレン・キングストン著


爆笑しそうなタイミングで、すばらしい本の登場です。
欲しくてわざわざ購入された本で、ちょうど読み終わったところだったようです。
なんとも、幸せ。

帰宅してから、むさぼるように読み始め、内容に共感し、
そして、また大整理熱に取り付かれたのでした。

4年前に、この島に引っ越してくるときに、かなりのモノを処分しました。
そして、必要なものだけを持ってきたはずでした。

4年後に、長らく開けていない箱をあけてみると・・・・
長く着ていない冬服、ビジネススーツに似合いそうなカーディガン、
帰省した際にリサイクルするつもりでハコに入れたままの日本の携帯、
働いていた時のお化粧品たち、ここでは使うこともないハンドバッグたち・・・・
今の生活にはもういらないものが、大量にあふれ出てきました!

上記の本の著者、カレンは、ガラクタ(clutter)を、
使わないもの、好きでないもの、
整理されていない、乱雑なままのもの、
狭いスペースに無理に押し込んだままのもの、
壊れたままのもの、
と、書いています。

ガラクタを溜め込むと起こるさまざまな症状などは、ご興味のある方は、
(あるいは、ピン!と来た方は)本を読んでみてくださいね。

なぜ、人は、ガラクタをためるのか?という問いに対して、
彼女があげている理由のひとつが、私を身震いさせました。

「いざという時」のためにためこんだもの
私のガラクタのほとんどが、これが原因だと、痛いほどわかりました。

そして、これこそ、今、私が日々、生きようとしている原則、
「自分の歩むべき道を歩んでいれば、必要なものはすべて与えられる」
と、私の中で対立していたのです。

もし、必要なものがすべて必要な時に与えられるのであれば、
私が大切に保管しないといけないものはどれだけあるのだろうか・・・・

これを、基準に、ハコの中をのぞくと、すべてのものが、とても明らかに、
私の元に残るべきもの、
寄付するもの、
リサイクルするもの、
ガレージセールで売れそうなもの、
残念ながら捨てるもの、
に、仕分けされていきました。

いつか必要なときがあるかもしれない・・・という思いは、
「必要な時に、必要なものがなく、それを手に入れる手段もないかもしれない」
という恐怖や不安の裏返しです。

今年は、ここ数年、少しずつ手放してきた不安の数々を、また一歩踏み込んで、
見つめなおして、どどーーーーーんと手放したいと思っています。
よくわからないまま、大掃除熱と大整理熱が始まったのも、この不安のひとつを
手放すためだったのでしょう。

どうせ手放すのなら、自分が何を抱えてきたのか、今一度、
よーく眺めてから、手放そうと、手紙を一通、一通、取り出しては読み、
懐かしい写真を取り出しては眺め・・・・

たしかに、とっても時間がかかり、そして、昔へのタイムトリップには、
かなりのエネルギーを費やしました。

けれども、タイムトリップして、そこで見たものは、
友達たちから私へ向けられたたくさんの思いや温かな友情、
こんなこともあったなーあんなこともしたなぁーと、昔をたどることで感じた
強くて強い絆。

辛い恋愛や、悲しい思いや、さびしい日々をたくさんたくさん通り過ぎて、
今の私や友達たちの笑顔があるんだなぁ・・・という、なんとも
深く満ち足りた思いでした。

カレンは、ガラクタを捨てたあとに、「スペースクリアリング」を
することをすすめています。「スペースクリアリング」とは、あるスペースを
溜まったさまざまなエネルギーから清めることで、私たち誰もが、それぞれの
やり方で、塩をまいたり、セージを焚いたり、ベルを使って音で清めたり・・・と、
日々あるいは時々やっていることだと思います。

まずは、不要なものを手放し、自分が必要なもの、自分に大切なものが
集まった家をクリアリングする。
これだけの、ガラクタたちを取り除いた後で行うクリアリングは、
どれほど、空間のエネルギーを変えるかしら・・・・

まだ、掃除の途中で、いつ、クリアリングにたどり着けるか、わかりませんが(笑)
掃除を始めた時を振り返ると、その後にたくさんの新しい出会いや、
インスピレーション、新たな展開が、すでに私の周りに集まり始めてもいます。

そして、日々の生活が、少しずつ自分の上や周りにたまっていくことで、どれだけ
自分が、日々の「型」にはまってきていたのかが、とてもよく見えました。

常に自分をクリアーな状態に保ちたいなぁ・・・
自分で気づかないうちに、自分で自分にどんなリミットも課したくないなぁ・・・と
思いつつ、また掃除にもどります。

いつも、ながーいブログを読んでくださって、ありがとう!
Mahalo nui loa!


プロフィール

Keiko

Author:Keiko
ビッグアイランド~ハワイ島は、まだまだ大自然が残り、活発な火山活動が続く、エネルギッシュな島です。その中でも、溶岩が海に流れるカラパナがあり、天然の温水プールがあり、パパイヤ畑から、牧場からジャングルまで、さまざまな緑に溢れるプナというエリア。ハワイ島&ハワイ州の最東端であるクムカヒ岬の近く、カポホという土地の丘に住んでいます。子供の頃に、憧れていた自然の中でたくさん時間を過ごせる暮らしです。

日々の生活で感じたことや考えていること、ハワイ島のさまざまな自然、ハワイの人々の考え方や生き方、庭の果物達のことや、長年かけて作っている家のこと、行っているさまざまな活動のこと、などなどをシェアさせてくださいね。

マッサージができるセッションルームを、と作り始めた家が、どんどん成長を続け、ワークショップやリトリートが出来るスペースを含む家となりました。

庭で取れた果物など、地元のオーガニックの食べ物を食べながら、宿泊ができるスペース「Hale Lōkahi」も加わりました。「Hale Lōkahi」の詳細は、下記『ハワイ島でヒーリング!』ブログをご覧下さい。

将来は、庭仕事など大地に触れながら滞在できるファームステイもしたいなぁ、同じような思いを持つ人々が集まれる場となるといいなぁと、願っています。

”Hale Ho'oponopono Olakino” ウェブサイト、久々に更新しました (笑) 

良かったら、姉妹ブログも訪問くださいね!

ハワイ島でヒーリング!:
http://ameblo.jp/hawaiihealing (下のリンクコーナーからワンクリック!)

ハワイ島のキラキラを伝えたくて、サンキャッチャーやペンデュラムを作っています。ブログは更新がとても少ないですが 笑

ヒーリング・クリスタル 
 from 虹のハワイ島♪ 
http://ameblo.jp/rainbowcrystals (下のリンクコーナーからワンクリック!)

訪れてくださって、ありがとうございます。
人々がどんどんアロハの環でつながりますように!

アロハをたくさん込めて
keiko

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。