ハワイ島 緑に包まれたアロハな日々

キラキラと降り注ぐ光、海からの風、茂る緑に、歌う鳥たち。楽園ハワイ島で田舎暮らしをしながら、体験したこと、思ったこと、考えたこと・・・・ みなさんとシェアできれば幸せです☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気がつくと、島にもどって、まだ2ヶ月ほどだった。
のに、もうオアフ島に戻って来ている。
明日は、サンフランシスコへ。
動き回っているつもりはないのだけれども、
動き始めているのかもしれない。

ここしばらく、とても美しい月夜が続いていて、
とうとう、一昨日の夜、月夜の水浴びに、
ウォームポンドに出かけた。

20120111_1.jpg

Ahalanui Park というビーチパークにあるこのポンド。
ポンドと言っても、きっと50メートルプールくらいはあると思う。
海の満ち引きで水位が代わり、わき出す地下水の温度が、
火山活動の様子で変わる、天然の温水プール。

島の東の端っこ近くにあるから、東に開けていて、
海から、月も太陽も昇って来る。

20120111_2.jpg


すべてが、黄金に、そして銀色にキラキラと輝く月夜。
ひそやかに、ポンドで水浴びをしたり、泳いだり、する人達は
他にも数人。

日中の水端会議のような社交的な空気や、
ばさばさ泳ぐ近所のおばちゃまたちの陽気なエネルギーや、
週末の子供達が飛び込み続ける市民プールのような
気配はなく、ただただ、気持ちの良いひそやかさ。

月を美しく形どる雲を眺め、わずかに見える星を眺め、
海からの風にそよそよとそよぐやしの葉の音を聞き、
ナニスルノ?とおどおどする犬のクマを後ろに、
水に、入った。

やわらかい、やさしい、あたたかい、みず。

引き潮だったから、底まで温かい。
身体が水に開いたら、そっと、足を砂から外して、
そのまま、ぷっかりと、浮かぶ。

20120111_3.jpg


きっと、この瞬間、島のあちこちで、美しい時間が過ぎていっているんだろうなぁ。
私が、家で外を眺めながらメールを打っている夜も、島のあちこちでは、
美しさにため息をもらしている人達がいるんだろうなぁ。

島の美しさを、もっと体験したくなった夜でした。

美しさがもつ癒しの力を感じた夜でした。

アロハを込めて
けいこ
スポンサーサイト

島のあちこちで感じる命の気配

20101011 Life_2

何時間でも、じっと座って、眺めていられるものたち

20101011 Life_3

眺めていると、どこで私が始って、どこでそのものたちが始るのか
わからなくなってくる

20101011 Life_1

この命の流れは、どこに向かっているんだろう

昨日の朝、目覚めたら、とても、とても、疲れていた。

大掃除にスペースクリアリングで、すっきりしてきた反面、
どんどんと、おもーい疲れがたまっている感じ・・・

ベッドから、ぼーっと、窓の外のティの並木に輝く朝日を眺めながら、
「海に行かなきゃ!」と思ったのでした。

ハワイ語クラスの帰りの道。
海のそばをくねくねと、ハラやマンゴーの林を抜ける道。
大好きな道の、お気に入りスポットに車を止めて、溶岩の上に座った。

20100206ocean5.jpg

この辺りの海は、溶岩が海に迫っていたり、黒砂のビーチ。
(白い砂のビーチが恋しくなると、島の反対側に遊びに行きます)

このスポットは、ゆるーい小さな湾のようになっていて、その
和やかな雰囲気が大好きなスポット。
私は見たことがないのだけれども、アザラシがお昼寝に来ることもある、
のんびりスポット。

20100206ocean3.jpg

大掃除を始めて、どんどんいろいろなことが動き始めたり、回り始めた
反面、古いものを、えいっと捨てずに、手紙を読んだり、写真を眺めたり、
していたので、古いモノたちから解き放たれたエネルギーが、大量に自分や
家に充満していたみたい。

自分から出すプロセスやスピードが追いついていないのだなぁ・・・
海を眺め、風を感じていると、さらさらと、自分の中から、要らないものが
海に流れていくのを感じました。

読みたかった本を、開けてみたものの、ぼーっと打ち寄せてくる波を
眺めるほうが、気持ちよくて、あっという間に読書は断念。

20100206ocean4.jpg

タオルを通して、太陽で温まった溶岩の熱がじんわりと、お尻に気持ちいい・・・

やしの木陰。風に揺られて、影もやさしく動いていて、「あーこのまま
眠りそう・・・・」

波が立ち上がるたびに、底の岩たちが透けて見えて、それはそれは、
美しいのでした。一日中、眺めていても飽きないだろうなぁ・・・・

20100206ocean1.jpg

日が傾いてきて、肌寒くなってきたので、次は、くまのすけを連れて来よう・・・と、
海にありがとう!を言って、帰ってきました。

「顔がすっきりしているよ!」と、夫。

自分でも、体と心がずいぶんと軽くなったのを感じます。

海のパワーに感謝。

海が、生活のとても近くにあることは、水が大好きな私には、とても大きな恵みです。
いつも、そこにいてくれて、私を助けてくれる自然や人々・・・・・
いつも、いつも、ありがとう!!!

新年、おめでとうございます!
Hau'oli Makahiki Hou!
みなさんどのようなお正月をお過ごしでしょうか?
新年が、たくさんの恵みをみなさんのところへ
運びますように!

神秘的な数日を過ごしています。
年末にかけて、私のまわりでは、友人の結婚や妊娠、出産、
そして病気、死と命の営みを感じることが、立て続けに起こり、
時間や空間が濃縮されたような、生きていること、を強く
感じる瞬間が多くありました。

そして、大晦日。
こちらでは、大晦日が満月でした。
今年最後を飾る満月は、ブルームーン。
月の2回目の満月でもありました。

自分の中でも、いろいろな想いが膨らんで、満ちて、大きくなるのを
感じました。

過去10日ほど、ここカポホは驚くほど快晴の乾燥した暑い日が続いていて、
まるで夏のようでした。
持っているものをすべて、虫干しするような、大掛かりな虫干しと
洗濯、そして家の掃除が数日にわたって続き(年を越して今もまだ最中です 笑)
2009年の仕上げや片付け、そして2010年が運んでくるものを受け入れられるように、
自分が準備しているのを感じました。

大晦日の夜の月は、とってもとっても大きくて、不思議なオレンジ色に
光っていて、この大晦日と元旦がとても特別なものなのだ、と強く感じました。

20091231fullmoon.jpg

元旦は、初日の出を拝みに、クムカヒ岬へ。
ここから車で10分ほど、東に走った海にあるクムカヒ岬。
この島の一番東の端っこ。そして、ハワイ全体の最東端でもある岬には
灯台があり、カポホの集落を覆った溶岩が広がり、真っ黒な中に、
ナウパカなどの植物が少し生えている、不思議に静かで穏やかな場所です。

母と夫、そしてクマと、溶岩の上を歩き、海の近くの盛り上がった丘のような
場所によじ登り、日が昇るのを待ちました。

まっすぐ、刺すような強い輝きの日の出。

kumukahi_sunrise3.jpg

美しい鳥がふわりと、こちらに飛んできて、私たちの上を、手が届くほど近くで
3回ほど周り、飛んで行きました。

ご先祖さまか神様か、何かはわからないけれども、とてもやさしくて、温かくて、
強い存在が、私たちがいるべき場所にいまいること、私たちの幸せを願っていること、
を伝えてくれたと、感じました。

kumukahi_sunrise4.jpg
<ナウパカがキラキラしていました。>

毎日がとても特別な瞬間に満たされた、大切で、不思議で、特別な一日ですが、
大晦日と元旦は、不思議な日常をさらにひとまわり、拡大したかのような時間を
届けてくれました。

今年はどんな年になるのでしょうか?

私は、恐れずに、自分自身の持っている可能性を生きる年にしたいと、思っています。
みなさんにとっても、喜びあふれる年になりますように!

今年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

この島はどこに行っても、美しいのですが 笑

ちょうど夕暮れ時に、ワイメアを抜けて、ハーヴィーに向かいました。
ワイメアは、霧が多い街、夏でも涼しい街ですが、いつも風が吹いていて、
天気が風に乗って流れているような不思議な気配の街です。

ホノカアのあたりを過ぎる頃から、急に景色が変わります。
のんびりとした牧場にのんびりとした牛。
ここは、イギリス?ニュージーランド?!
こっそりと写真に、from New Zealandとか、付けたら
だれも、ハワイとは思わない景色です 笑

そして、雨が通り過ぎたり、霧が通り過ぎたり。
ささーっと晴れ間が広がると、いきなり、マウナケアが現れます。

コハラの山並みも、その懐に、ワイピオ渓谷やポロル渓谷を抱えている気配を
感じる不思議な、力強さと奥行きなのです・・・
(運転しながらなので、いい写真がなくて残念!)

そして、ワイメア。
この街から見えるぽこぽこした緑の丘たちが大好きなのです。
火山だったしるしですが、緑に包まれると、不思議な雰囲気になります。

20091130waimeasunset1.jpg

ワイメアからハーヴィーに向かう道は、くねくねとカーブが続き、路肩も
ほとんどなく、そして高度が一気に上がる道です。
(熊本の大観望、ご存知の方! あんな感じなのです 笑)

20091130waimeasunset2.jpg

そして、左手にはマウナケア、マウナロア、フアラライ、そして、
お椀のような地形のそこの部分に、ワイメアが見えます。
20091130waimeasunset3.jpg

運転をしながら、手を突き出してパチパチ写しました。
20091130waimeasunset4.jpg

途中、1箇所、車を止められる展望スポットがあります。
ここからは、コナの海岸線、カヴァイハエの港、きれいに見えます。

20091130waimeasunset5.jpg

海に沈む太陽。
私の住んでいる場所からは、森やらが邪魔をして、沈む太陽が見えないので、
夕暮れ時は、空の雲の色を楽しむくらい。
日本では、毎日、オフィスの窓から日が暮れるのを眺めて幸せをかみ締めていました。
なので、こうやって、ばばーーーーんと、大きな夕日が大きな海に落ちていくのを
眺められるのは、とっても幸せ♪

20091130waimeasunset7.jpg

風が強くて通り雨が多いと、虹にも恵まれやすいのです♪
20091130waimeasunset8.jpg

虹がすぐ横に、ふっと現れて、車の横を走っているようでした。

一番高いエリアは、どのくらい高度があるんだろう?
牧場などを通して、海までかなりの高度差と距離があります。

下り始める頃には、目の前に、海を隔てたお向かいのマウイ島の
ハレアカラのシルエットがくっきりと見えてきます。
近い島なんだなぁ・・・・ハレアカラも背が高いんだなぁ・・・

20091130haleakala.jpg
<写真だと小さくなってしまうのだけれども・・・
森の横、電柱がかぶっているシルエットがハレアカラです。
不思議な存在感を持って、立っています>

と、美しさにため息をつきながらのドライブでした。

ヒロを抜けて、北に広がるハマクア・コーストも、とても美しいのです 笑
美しいハマクア、続きます♪


プロフィール

Keiko

Author:Keiko
ビッグアイランド~ハワイ島は、まだまだ大自然が残り、活発な火山活動が続く、エネルギッシュな島です。その中でも、溶岩が海に流れるカラパナがあり、天然の温水プールがあり、パパイヤ畑から、牧場からジャングルまで、さまざまな緑に溢れるプナというエリア。ハワイ島&ハワイ州の最東端であるクムカヒ岬の近く、カポホという土地の丘に住んでいます。子供の頃に、憧れていた自然の中でたくさん時間を過ごせる暮らしです。

日々の生活で感じたことや考えていること、ハワイ島のさまざまな自然、ハワイの人々の考え方や生き方、庭の果物達のことや、長年かけて作っている家のこと、行っているさまざまな活動のこと、などなどをシェアさせてくださいね。

マッサージができるセッションルームを、と作り始めた家が、どんどん成長を続け、ワークショップやリトリートが出来るスペースを含む家となりました。

庭で取れた果物など、地元のオーガニックの食べ物を食べながら、宿泊ができるスペース「Hale Lōkahi」も加わりました。「Hale Lōkahi」の詳細は、下記『ハワイ島でヒーリング!』ブログをご覧下さい。

将来は、庭仕事など大地に触れながら滞在できるファームステイもしたいなぁ、同じような思いを持つ人々が集まれる場となるといいなぁと、願っています。

”Hale Ho'oponopono Olakino” ウェブサイト、久々に更新しました (笑) 

良かったら、姉妹ブログも訪問くださいね!

ハワイ島でヒーリング!:
http://ameblo.jp/hawaiihealing (下のリンクコーナーからワンクリック!)

ハワイ島のキラキラを伝えたくて、サンキャッチャーやペンデュラムを作っています。ブログは更新がとても少ないですが 笑

ヒーリング・クリスタル 
 from 虹のハワイ島♪ 
http://ameblo.jp/rainbowcrystals (下のリンクコーナーからワンクリック!)

訪れてくださって、ありがとうございます。
人々がどんどんアロハの環でつながりますように!

アロハをたくさん込めて
keiko

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。