ハワイ島 緑に包まれたアロハな日々

キラキラと降り注ぐ光、海からの風、茂る緑に、歌う鳥たち。楽園ハワイ島で田舎暮らしをしながら、体験したこと、思ったこと、考えたこと・・・・ みなさんとシェアできれば幸せです☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


食欲の秋!と言っても、ハワイでは、日本のように栗が出回るわけではなく、
なし狩りやぶどう狩りがあるわけでもなく、季節限定の秋なおやつが出回る!
というわけでもなく。。。笑

でも、日が暮れるのが、早くなり、夜が長くなってきて、
温かなお茶がたっぷり入った大きなカップを抱えて、
ブランケットに包まれて、本を読むには、素敵な季節。
(と言っても、夏の夜と気温が変わった。というわけでもないのですが 笑)

なので、読書な秋に突入しています。

ワークショップとワークショップの間の楽しみのひとつでもある「本」

ここ幾晩か、夜中過ぎまで、手から離れず、ワクワクと読み続けたのが、この本。


エレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのかエレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのか
(2009/06/25)
ライアル・ワトソン

商品詳細を見る



南アフリカで育ち、後に生物学者となる彼が、子供の頃から、実際に体験した
さまざまな「象」との遭遇を縦糸に、彼の溢れる知識と情報を横糸に、
とても軽快に、楽しく、ストーリーが進む間に、アフリカで象に何が起こって
来たのか、象はなぜ、大きくなったのか、この不思議に人の心をつかむ生き物は、
いったいぜんたい何なのか?と、「象」が頭から、心から、離れなくなります。


象が好き!だから読み始めたというわけではなく、この本の紹介で、ストーリーの中の
あるシーンを読んだのですが、そのイメージがあまりにも切なく、美しく、そしてとても
力強かったので、読み始めた本でした。

象がとおい見知らぬ生き物ではなく、不思議な魅力と魔力を備えた、
この星の驚くべき美しさと、なりました。

陸の象と、海のくじら。
「大きい」だけでなく、どちらもコミュニケーションに低周波を使います。
私たちには、とても、とても、大きなこの星も、象やくじらたちにとっては、
呼び合えば、星のまわりとぐるりっと、陸も海も自分たちの声でカバーできてしまう、
そんなサイズなのかもしれません。

この星のサイズに関する私の感覚を、そしてこの星でさまざまなカタチに
進化して来た私たちや仲間たちへの愛情を深めてくれた素敵な本でした。

あなたも秋の夜長にいかがですか?
スポンサーサイト

このブログ、書く度に、「書きたいことがたくさんありすぎて、
書けないまま、時が過ぎ。。。。」で始まっているような気がします。
今回は、半年も過ぎていて驚きました!笑

kunisaki_3.jpg

その間も、もう一つのブログ、『ハワイ島でヒーリング!』は、
書き続けておりましたが、今までここに書いていたような
プライベートなことも、向こうのブログに書き始めたり、
でも、やはり、こちらのブログに書きたいこともあり、
どう書こうか?と、考えているうちに、結局、やはり、
書きたいことがありすぎて、書けないまま!でした。


2012年は、流れも速く、変化の大きな年、だと感じていましたが、
始まってみると、ほんとに、今年の初日の出が、もう遠い昔のようです。

My foot in Okinawa_1


今までの人生で一番の先生だったクムレイリーンが、次の世界に
進んで行かれ、私はアキレス腱を旅先で切り、その手術とリハビリで、
日本に3ヶ月も滞在し、その間に猛烈に心を揺さぶられることが何度も起こり、
松葉杖をつきながら、まさに、北は北海道、南は沖縄まで、あちこち
飛び回り、ハワイ島に戻ったらワークショップがあり、アンクルアルバの
グループとの旅や儀式があり、6年ほど夢に描いていたエサレンマッサージの
初のワークショップを開催し、ソウルメイトとの再会があり、7年間の
パートナーが、とうとうここを離れてペルーに旅立ち、来週には、ここで
しばらく一緒に暮らすことになりそうな友人が引っ越してきて、と、
振り返ると、自分がプランしたこと以上に、予想していなかった、
天から降って来たことが、たくさん山盛りな日々でした。

Okinawa_1.jpg


日本での旅の日々を通して、友人たち、新しく出会った方々との対話を
通して、ここでの私のあり方の、新しい方向性もじんわりと見えてきました。

旅の一日で、ひとつの記事が書けるほど、濃密な日々で、アキレス腱を
癒しながら、魂を癒す旅でもありました。

改めて、日本の土地がもつ美しさやパワー、私の血に流れる「日本」も
強く感じる旅でした。

今年もあと3ヶ月。
でも、その3ヶ月には、たくさんの驚きや、感動や、学びが詰まっている
予感です。

12月、まわりで起こっていることや、流されているエネルギーなどが
カタチになり、初のリトリートを開催します。このリトリートは、
ここで私が学んできたことの集大成であり、同時に、今の時点での
私の「答え」でもあります。

Waiopae_11.jpg


開催します!を投げかけたところです。反応があるのか、誰か参加する
人がいるのか、来てくださる方がいらっしゃれば、どんな時間になるのか。
大きな一歩のリトリートです。

たくさん過ぎて、書ききれないこの「山」
少しずつ、また書いてシェアしていきたいなぁと思います!
誰か、まだこのブログを読んでくれる人、いるのかな?! 笑

コーキーの声に包まれて
Keiko





ハワイに戻って来た。

ホノルルと離島を結ぶインターアイランドターミナルの中庭。
地面に座って、靴を脱いで、裸足の足に芝生を感じる。

Honolulu_1.jpg

足の裏から、充電している。
ひゅ~んと、何かが体を満たして行くのを感じる。

日本での1ヶ月、たくさんのことが詰まった毎日だった。
たくさんたくさんの人に出会って、再会して、挑戦して、
たくさんの愛を頂いて、たくさんの愛が私からも溢れるのを感じた。
いろいろな気付きや学びも、たくさんたくさん頂いた。
ハワイの暮らしが始まってからの5年で、きっと、一番忙しい1ヶ月だった。

関空に到着した時から、すっと日本の大地や空気にとけ込んだ
感じがあって、去年のようなクラクラしたり、体調を崩したり、は
まったくなくて、不思議と懐かしい水に戻った魚みたいだった。

でも、こうやって、大地からぐんぐんと何かを飲んでいる
足を眺めると、この1ヶ月で体内に貯蔵していた『ハワイ』を
たくさん使ったんだなぁと、しみじみと、あっという間に過ぎた
1ヶ月を懐かしく思う。

1年前の日本の旅で、鹿児島霧島で開かれた『13人のグランマザー』
の集まりに引っ張られるように参加して、乗っていた流れが加速したような、
新たな扉を開けたような感覚があった。

その加速した流れも、ぐるりとひとまわりして、ひとつの大きな旅が
いま、終わったんだなぁ、また新しいサイクルが始ったんだなぁと、
1年前と同じこの場所で認識する。

Honolulu_3.jpg

この庭は、とても大切な中間地点。
私の日本での時間と、ハワイ島での時間は、ここで結ばれている。

この1年は、人生の中でも、とくに強い感情の波に揉まれた
1年で、そのおかげで、驚くほどたくさんの、溜め込んでいた
大きな怒りや悲しみと向き合う時間となった。

人生が、自分がプランしたとおりには進まないことへの
憤りや理不尽さ、「なんでなの?!」と叫びたくなるあの思いも、
常にそこにある、より大きな流れ、精密で美しく驚きに満ちあふれた
とてもとても大きなプラン、あるいは存在に気づくこと、そして、
歓びをもって、それを受け入れることに繋がった。
(あるいは、受け入れると、そこには歓びがあるとも言えるかも)

Honolulu_2.jpg

今回の日本へ旅でも、さまざまなカタチを通して現れるその美しさや、
すべてのものを満たしている常に確実にそこにある愛に、
感動することが、何度も何度もあった。

1年前、ここにいたわたしとは、違うわたしがここに
いるのを感じる。より自由で、よりありたいわたしに
近いわたし。

ここで始るこれからの旅。
どんな旅になるんだろう。

日本の旅で頂いたたくさんの学びに従って、この旅を歩いて行きたいな。
一歩ごとに、自分をより自由に、より広く深くオープンに、そして、
より強く輝かせることができますように!


日本に帰省して、ちょうど半分くらいが過ぎた昨日。

あと半分でこの楽しい帰省も終わってしまうからか、
この週末のとても濃密で美しかったジョイントセッションの効果か、
また少し寒くなって、曇り空な東京の気配からか、
じんわりとした悲しみと、じんわりとした寂しさを抱えながら、
友人との待ち合わせにむかって、秋葉原に到着。

秋葉原。どんなに居心地の悪い場所だろうと、
到着したわたしに、どこかからか、気持ちの良いギターの
音色が流れている。なんだか、気配は、夕方のビーチだよ。

きょろきょろと音の源を探したら、ロータリーで、ギターを
弾いているおにいちゃんがいる。無料で繋がるWiFiを探して、
ロータリーの周りを、ぐるりとひとまわりしている間にも、
耳に心に染みて来る音色。

見つからない WiFi スポット。
しょうがない、電車の時間までブログを書こうかな。
と、じんわりと近くに陣取って、ブログを書いている私に、
またまたギターの音色が染みて来る。

ふと、静かになったと思ったら、ビジネスマン風のおじさまが
話しかけて彼のCDを買っている。

うん、何かのご縁。私もCDを買って、待ち合わせに向かって
歩き始めた私の背中に、まるで天使からのメッセージのような
スペシャルなメロディーが流れて来た。

秋葉原のながれる人ごみのなかで、動けなくなっちゃった。
空を見上げて、雲を眺めて、涙がポロポロこぼれてとまらない。
はぁ。。。。。なんて素晴らしいタイミングで、素晴らしい
ギフトが、いつも、どこかから贈られて来る。

まさに必要な時に、まさに必要なものが、想像しえない
美しさで与えられる。

美しい音色と届けてくれたメッセージのお礼を言わなくちゃ。
と、ふたたび戻ってきた私に、先ほどのおじさまが話しかける。

関西の人だ。横では、綺麗な女子高生が立ち止まって、
CDを手に取ってギターのおにいちゃんに話かけている。
キラキラが溢れている。その彼女も、またまた関西の人。笑

おじさまは、iPad を取り出して、Facebook で自分のページを
見せてくれる。 Facebook で繋がった人達とのお食事会の写真。
みんなの大きな笑顔。

今回の私の旅のキーワードが、出会いと再会。
こういうのも、いいなぁと、眺めている私に、ほらほらと、
集まったみなさんとのやりとりを見せてくれるおじさま。

ははは、そこでのやりとりは、私がさまざまな人達と、
ここ数週間語り合って来たこと。
不思議な繋がりや縁があって、出会い集まる人達。
どうして、いま、このときに、私たちは、こうやって、
集まっているのだろう。

『「Mission Possible」 よ。 Impossible じゃないんよ、
Mission Possible ね!』と、おじさまが、画面に映っている
自分のコメントを指差して、私に読んでくれている。

まさに。

昨夜の友人達との会話を聞いていたかのような、
旅で出会ったみんなとの会話に、ぽん!と
だいじょうぶだぁ印を押してくれたかのような瞬間。

メッセージを届けてくれたおじさま、ありがとね。
おじさまというより、おっちゃんかな?笑
Facebook で見つけるね!

みんな、そうだよね!
Mission Possible だよね

素敵な音を通して、メッセージを届けてくれたのがこの人。
yuta tanakaさん。ありがとう!
http://www.youtube.com/user/youtar0209
20111024 Yuta Tanaka


Aloha! みなさん、お元気ですか?

夏休み、毎日、ドキドキワクワクの日々でしたが、
あっという間に終わっていました 笑


8月24日からロミロミのワークショップが始り、
それも数日前に終わり、21日からのホオポノポノリトリートに
向けての準備に入りつつあります。

20110907 outsideoffice

久しぶりに、コンピュータを抱えて、お気に入りのスポットで
お仕事。目の前には、ヒロベイとのんびりしたヒロの街。
右は、命の島、ココナッツアイランド。

liliuokalani_1.jpg

なんだか、怒濤の2週間のワークショップから
数時間で、元気いっぱい、復活でした。

10月から11月にかけて、帰省するのですが、
クラニオセラピーの友人の出張セッションをアレンジしたり、
ジョイントセッションに挑戦したり、と楽しい準備も始っています。

Bird Park_5

セッションのご案内

<東京セッション>
日程:10月21日(金)22日(土)23日(日)
場所:杉並区久我山のサロン『喜咲』
   *場所の詳細は、ご予約後にお伝えします。

<大阪セッション>
日程:11月3日(木)4日(金)
場所:大阪市北区中津のサロン『Hoku Paʻa』
   *場所の詳細は、ご予約後にお伝えします。

料金:
空鳥道歩さんのクラニオセッション
 10000円+出張費用2000円
空鳥道歩さんとけいこのジョイントセッション
 12000円+出張費用2000円

ご予約は、メールにて。lomigirlhawaii@yahoo.co.jp
タイトルに『クラニオセッション予約』と明記ください。

希望日、希望時間をいくつかお知らせください。
緊急のご連絡などのため、携帯電話&携帯メールもあわせて
お知らせくださいませ。

施術スタート時間:9時、11時、14時、16時、18時


クラニオについて
私が、ロミロミの次に何か体に触れる手技を学ぶとしたら、
これ、クラニオを学びたいと、ここ数年、あちこちの
クラスを眺めてきました。

私にとって、クラニオセッションは、自分の中にある自然の、
宇宙の流れやリズムを感じ、そこにより深く戻って行くもの

『クラニオってなに?初めて聞いたよ』という方のために、
セラピストの空鳥道歩(そらとりとっぽ)さんのウェブサイトから、
説明を借りてきました。

☆☆☆☆☆
ひとの身体には、押しては引き、引いては押す潮の流れのような動きが
絶えず起こっています。熟達した施術者は、手でその動きを感じることが
できます。手を通して、受け手のからだが訴えてくる「声」に耳を傾けます。
「ここが窮屈だ。」「ここにもっとスペースが欲しい。」「元の場所に戻りたい。」
そういった声です。

潮の流れに寄り添いながら、受け手が「静寂」の中でくつろぐのを見届けます。
むしろ共にそこにいると言ったほうが正しいかもしれません。いつまでも共にいます。
受け手は、深い深い、不思議なリラクゼーションに包まれます。

静寂の中で健康が目を覚まし、広がり始めます。

全ては、静寂から始まります。
☆☆☆☆☆


20110101_1_20110910193131.jpg

空鳥道歩さんは、去年帰国するまで、10年以上をメキシコで
暮らし、クラニオやさまざまなボディワークを提供してきました。
中南米の聖地を訪れ、たくさん歩き、それぞれの土地に伝わる
文化を肌で感じ、数々の儀式に参加し、アマゾンのコミュニティにも
滞在し、そんな時間と空間が中にいっぱい詰まった人です。



クラニオに関して、空鳥道歩さんに関して、もっと、詳しく知りたい!
という方は、ウェブサイトをたずねてみてくださいね。


今回は、クラニオのセッションに加えて、私たちのジョイント
セッションも行います。男性セラピストと女性セラピストの二人が、
あなたの癒しのプロセスにやさしく、しっかりと寄り添います

このセッション、クラニオを核に、もうひとつのエネルギーが、
その「場」に加わります。その場のエネルギーをより強くする力として
働くかもしれませんし、異なるエネルギーが加わることで、新たな流れが
生まれるかもしれません。二人のエネルギーが作り出す「場」が、
素晴らしい癒しの場となりますように。

201107 Warm Pond_4

このタイミングに、空鳥道歩さんのクラニオに出会うことが、
みなさまにとって、大きなギフトになりますように。

そして、ジョイントセッションでご一緒させてもらう機会を
頂けるようでしたら、静かで深い神聖なる場にご一緒させて
頂くこと、とても光栄に感じます。

ひとりでも多くのみなさまと、ご縁が繋がりますように♪

アロハをたくさん込めて
Keiko


プロフィール

Keiko

Author:Keiko
ビッグアイランド~ハワイ島は、まだまだ大自然が残り、活発な火山活動が続く、エネルギッシュな島です。その中でも、溶岩が海に流れるカラパナがあり、天然の温水プールがあり、パパイヤ畑から、牧場からジャングルまで、さまざまな緑に溢れるプナというエリア。ハワイ島&ハワイ州の最東端であるクムカヒ岬の近く、カポホという土地の丘に住んでいます。子供の頃に、憧れていた自然の中でたくさん時間を過ごせる暮らしです。

日々の生活で感じたことや考えていること、ハワイ島のさまざまな自然、ハワイの人々の考え方や生き方、庭の果物達のことや、長年かけて作っている家のこと、行っているさまざまな活動のこと、などなどをシェアさせてくださいね。

マッサージができるセッションルームを、と作り始めた家が、どんどん成長を続け、ワークショップやリトリートが出来るスペースを含む家となりました。

庭で取れた果物など、地元のオーガニックの食べ物を食べながら、宿泊ができるスペース「Hale Lōkahi」も加わりました。「Hale Lōkahi」の詳細は、下記『ハワイ島でヒーリング!』ブログをご覧下さい。

将来は、庭仕事など大地に触れながら滞在できるファームステイもしたいなぁ、同じような思いを持つ人々が集まれる場となるといいなぁと、願っています。

”Hale Ho'oponopono Olakino” ウェブサイト、久々に更新しました (笑) 

良かったら、姉妹ブログも訪問くださいね!

ハワイ島でヒーリング!:
http://ameblo.jp/hawaiihealing (下のリンクコーナーからワンクリック!)

ハワイ島のキラキラを伝えたくて、サンキャッチャーやペンデュラムを作っています。ブログは更新がとても少ないですが 笑

ヒーリング・クリスタル 
 from 虹のハワイ島♪ 
http://ameblo.jp/rainbowcrystals (下のリンクコーナーからワンクリック!)

訪れてくださって、ありがとうございます。
人々がどんどんアロハの環でつながりますように!

アロハをたくさん込めて
keiko

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。